カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2009年3月21日 (土)

もしアナタの目が見えなくなったら(3) - 追記:パワーシフト

前エントリ を書いて思ったことを追記。アルビン・トフラーのパワーシフトについて。

トフラーは著書「第三の波」でこのように記しています。

  1. 第一の波は、狩猟採集社会に対する農業革命(⇒採集のマス化)
  2. 第二の波は、産業革命(⇒生産のマス化)
  3. 第三の波は、脱産業社会(⇒情報流通のマス化)

また「パワーシフト」とは、生産において重視される要素の変遷であり、以下の通りです。

  1. 狩猟採集社会(筋力の時代)
  2. 農業革命・産業革命後の生産社会(財力の時代)
  3. 生産最適化の末に訪れる脱産業社会(知力の時代)

筋力の時代 ⇒ 財力の時代 ⇒ 知力の時代 と移り変わり、現代は知力の時代です。
ただ、情報化革命・IT革命を過ぎた現代は、単純に「知力」で補える範囲を超えた時代に入っています。

個人ではとても知り尽くせないほどの情報があふれ、必要な情報の取捨選択が必要な「感性」の時代。

ただ、「感性」最重視、では単なる変わり者として扱われます。
おそらく重要なのは、知力と感性のバランスをとれる「知性」でしょう。

トフラーのパワーシフトを補うならば、「筋力 ⇒ 財力 ⇒ 知力 ⇒ 知性 ⇒ 感性」と時代は移って行く。

現代は「感性の時代」への過渡期「知性の時代」になります。

「知性」とは、余りある情報を的確に選び活用できる能力。
では「感性」とはどんな能力なのか。

前エントリ で感じた五感をバランス良く活用できる社会が「感性の時代」であり、五感をバランス良く活用できる能力が「感性」になるんじゃないか。そんな風に感じました。

ちなみに、人間の感覚は五感にとどまらない らしいので、その先は「超感性の時代」とか「脱感性の時代」となるのかも知れません。

映画のマトリックスの世界は、「知力」を集約化し尽くした状態、と言えるでしょう。
対して、「知力」をバランス良く活用できる「知性」、そして、人間の感覚をバランス良く、有効に活用できる「感性」の時代。
それってどんな世界になるんでしょうか。

想像すると楽しみでもあり、さてその時代に自分が対応できるのか?と考えると、少し怖くもありますね。

 

【関連記事】
もしアナタの目が見えなくなったら(1) - DID(ダイアログ・イン・ザ・ダーク )を体験してみた
もしアナタの目が見えなくなったら(2) - 五感で一番重要なのは?
もしアナタの目が見えなくなったら(3) - 追記:パワーシフト

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

[雑誌] プログラミングを始めたい人にオススメ本

プログラミングなるものをしてみたい。でも何から始めればいいかわからない。
そんなとき、XAMPPをインストールすれば環境は一通り整います。
でも、具体的に何をするかで困りがち。

そんなときにこんな雑誌はどうでしょうか?
WEB+DB pressも日経ソフトウェアも、プログラマー向け雑誌の大御所です。
その雑誌の総集編。どちらも過去の記事をPDF化したCD-ROMが付いています。

XAMPP環境が動いて、ちょっとやってみたいことが出てきたとき、
参考になるサンプルソースは、この2冊(CD-ROM2枚?)があればOKでしょう。

現時点での総集編ムックではとてもオススメの2冊です。

20080520_QR-Web+DB press総集編(1ー36).jpg
Web+DB press総集編(1ー36)

20080520_QR-プログラミングまるごとパック(2007).jpg
プログラミングまるごとパック(2007)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

[Books] 雑誌を立ち読みできるサイト

このサイト、全部ではありませんが雑誌の最新号を無料で立ち読みできてしまいます。

【magabon】 雑誌のちょい読みOK! 雑誌のことならなんでもmagabon!

8/22現在の状態で、女性誌:28冊、男性誌:10冊、趣味・生活:26冊。
読むことのできる記事はもちろん一部のみですが、普段読まないような雑誌を少し眺めてみる、書店で買うのはためらってしまうものを読んでみる、など、けっこう楽しめそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

[Books] 「Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編」

デザインパターンとは何かを知りたいとき、お勧めの本として挙げられる中の1冊が、結城浩さんの「Java言語で学ぶデザインパターン入門」という本。

私自身も人に紹介されて読みましたが、説明がとてもとても丁寧に書かれています。
Javaをかじったことのある人なら、十分に理解できる内容ですし、使えそうなパターンをまず一つ理解して使ってみる、というだけでも役に立つな、と感じました。

そのシリーズの「マルチスレッド編」に増補改訂版が出たとのこと。

発行記念に、
『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編』無料プレゼント
というイベントを行っているようです。

■結城浩のはてな日記 - 『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編』
http://d.hatena.ne.jp/hyuki/20060316

また同じ方がこんな(↓)サイトも公開しているようです。
各パターンごとに小噺を一つ。
個人的にツボに入りました。面白いです。

■ギコ猫とデザインパターン
http://www.hyuki.com/dp/cat_index.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

[Tools][Books] Web本棚サービスその2

以前、蔵書管理ソフトとWeb本棚サービスについて書いたことがありました。

■[Tools] 本棚.org/蔵書管理ソフト(MyLibrary HOME/AmazonApplication)
http://relaxed.way-nifty.com/blog/2006/02/tools_orgmylibr_f2c3.html

同じように蔵書を管理できるWebサービスがもうひとつありました。
価格比較サイトのECナビでテスト公開されている、ECナビリストというサービスです。
少し使ってみましたが、なかなか良さそうな感じですね。

■ECナビリストα版
http://list.ecnavi.jp/

このサイトのメリットは以下のような点でしょうか。

  • 本の検索にAmazonのデータベースを利用できる
  • D&Dで操作できる処理がある(購入済/未購入の選択、詳細表示、編集、削除、など)
  • 簡単な操作で本にキーワードを設定できる(はてな方式)
  • リスト紹介ページで使うAmazonアソシエイトIDを設定できる
  • Webサービスなので、端末を選ばず使うことができる

逆にデメリット(というか、修正希望なところ)は、

  • 検索結果が多くなると、1ページの表示数が少なくて見づらいことがある(本の画像が大きい)
  • 登録は簡単だが、編集ページがやや使いにくい(別のページに飛んでしまうリンクが多い)
  • リスト紹介ページのAmazonリンクに、アソシエイトIDの設定されていない部分が多い (正常に設定されているリンクのほうが少ない)
  • リスト内の検索に自由なキーワードが使えない(設定済みキーワードのみ)

まだα版ということなので、このあたりも修正されていくんでしょうか。
もっと使いやすくなるなら、かなり期待できそうなサービスですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

[Books] 「容疑者Xの献身/東野圭吾」 祝!直木賞受賞

「東野圭吾、直木賞受賞」のニュースがあったのはしばらく前の話ですが、この週末、授賞式があったようですね。
好きな作家さんなので、嬉しいニュースでした。
でも、東野圭吾というとなかなかのベテラン。
候補に挙がった、という話は何度か聞いた記憶があったので、調べてみたところやはり、候補歴は長かったようで。

こうやって見てみると、この中にも読んでないものがありました。
(読書するときは文庫本派なんで)
いい機会だし、読んでみようかな。

[Amazon] 「東野圭吾」で検索

■東野圭吾-直木賞受賞作家-134HK
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun134HK.htm
■文藝春秋|各賞紹介|直木賞
http://www.bunshun.co.jp/award/naoki/
■第134回 芥川賞・直木賞受賞作発表を聞いて - nikkeibp.jp - 文学賞メッタ斬り!
http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060118_6th/index1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

[Books][dialy] コンピュータ雑誌

Amazonリンクの使い方がわかったんで、動作確認も兼ねてお買い物。
気になった雑誌を買ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

[Tools][Books] 蔵書管理ソフトとWeb本棚サービス

■本棚.org
http://pitecan.com/Bookshelf/
■本棚.org - ただのにっき (2004-07-28)
http://sho.tdiary.net/20040728.html#p02
■Amazon から本棚.org へ追加する、Sleipnir 用アドレスバー拡張メニュー | alectrope
http://alectrope.ddo.jp/mt/archives/2004/07/29/amazon_to_bookshelf


■蔵書管理ソフト MyLibrary HOME
http://www.satoyansoft.com/DotNetNuke/tabid/64/Default.aspx
■書籍管理ソフト Amazon Application
http://www.woodensoldier.info/soft/AmazonApplication.htm


パソコンを使ってデータベースや表計算ソフトで蔵書管理をしよう、と考える人は多いと思います。
どんな本を読んだという記録を残したい、読んだときの所感を簡単でもいいから残したい、読んだ本の数を簡単にカウントしたい、 ある作者の本を何冊持っているか数えたい。
このあたりのことは、パソコンで蔵書管理していれば簡単に実現できます。

でも面倒なのが、入力。
1冊分を入力するだけなら簡単だけど、簡単すぎて「まとめてやろう」なんて思っちゃうと泥沼。
何冊もたまってしまうと、以外に面倒だったりします。

同じような悩みを持つ人は多いようで、蔵書管理ソフトは色々ありますね。
特に、Amazonが始まってからは、Amazonのデータベースをうまく利用して入力を簡単にできるようになりました。

そんなソフト+Webサービスのまとめ。

ちなみに上記ソフト2本は、.Net Frameworkが必要。
使ったことのないマシンでは、WindowsUpdateなどからのインストールが必要だったかと思います。

続きを読む "[Tools][Books] 蔵書管理ソフトとWeb本棚サービス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)