« 2008年8月 | トップページ

2009年3月の記事

2009年3月21日 (土)

もしアナタの目が見えなくなったら(3) - 追記:パワーシフト

前エントリ を書いて思ったことを追記。アルビン・トフラーのパワーシフトについて。

トフラーは著書「第三の波」でこのように記しています。

  1. 第一の波は、狩猟採集社会に対する農業革命(⇒採集のマス化)
  2. 第二の波は、産業革命(⇒生産のマス化)
  3. 第三の波は、脱産業社会(⇒情報流通のマス化)

また「パワーシフト」とは、生産において重視される要素の変遷であり、以下の通りです。

  1. 狩猟採集社会(筋力の時代)
  2. 農業革命・産業革命後の生産社会(財力の時代)
  3. 生産最適化の末に訪れる脱産業社会(知力の時代)

筋力の時代 ⇒ 財力の時代 ⇒ 知力の時代 と移り変わり、現代は知力の時代です。
ただ、情報化革命・IT革命を過ぎた現代は、単純に「知力」で補える範囲を超えた時代に入っています。

個人ではとても知り尽くせないほどの情報があふれ、必要な情報の取捨選択が必要な「感性」の時代。

ただ、「感性」最重視、では単なる変わり者として扱われます。
おそらく重要なのは、知力と感性のバランスをとれる「知性」でしょう。

トフラーのパワーシフトを補うならば、「筋力 ⇒ 財力 ⇒ 知力 ⇒ 知性 ⇒ 感性」と時代は移って行く。

現代は「感性の時代」への過渡期「知性の時代」になります。

「知性」とは、余りある情報を的確に選び活用できる能力。
では「感性」とはどんな能力なのか。

前エントリ で感じた五感をバランス良く活用できる社会が「感性の時代」であり、五感をバランス良く活用できる能力が「感性」になるんじゃないか。そんな風に感じました。

ちなみに、人間の感覚は五感にとどまらない らしいので、その先は「超感性の時代」とか「脱感性の時代」となるのかも知れません。

映画のマトリックスの世界は、「知力」を集約化し尽くした状態、と言えるでしょう。
対して、「知力」をバランス良く活用できる「知性」、そして、人間の感覚をバランス良く、有効に活用できる「感性」の時代。
それってどんな世界になるんでしょうか。

想像すると楽しみでもあり、さてその時代に自分が対応できるのか?と考えると、少し怖くもありますね。

 

【関連記事】
もしアナタの目が見えなくなったら(1) - DID(ダイアログ・イン・ザ・ダーク )を体験してみた
もしアナタの目が見えなくなったら(2) - 五感で一番重要なのは?
もしアナタの目が見えなくなったら(3) - 追記:パワーシフト

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もしアナタの目が見えなくなったら(2) - 五感で一番重要なのは?

DID - ダイアログ・イン・ザ・ダーク で、視覚を失ったらどうなるか、を体験しました。

体験して思ったこと。

  1. 五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)の中で、「一つ失う」としたら一番困るのは何だろう・・・?
  2. 五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)の中で、「一つしか残らない」としたら一番重要なのは何だろう・・・?

皆さんはどう思いますか?

私はこのように感じました。
(実際に何らかの障害を持つ方にとっては「何を甘えたことを考えてるんだ」と感じるかも知れません。ただ現状で五感に問題ない状態で感じた率直な感想です)

  1. なくなって一番困るのは「視覚」
  2. 一つしか残らないなら、やはり「視覚」

聴覚のみを失った場合、リスクは見えない方向から危険が近づいたときに気づけないこと。そして、聞こえてくる自然の音色や心地よい音楽に感動することができなくなること。なくなると感じ感動できなくなりますが、リスクについては他の感覚である程度は代替可能でしょう。
また、聴覚のみになった場合、働く上で(デスクワーク限定かもしれませんが)必要な情報を得られる量という意味で視覚の方が多く感じます。

触覚を失った場合、リスクは触れたことに気づけないこと。そして、心地よい感触を楽しめなくなること。これもリスクは他の感覚で代替可能です。
触覚のみになった場合、得られる情報量が少なすぎます。

味覚を失った場合、リスクは体に有害な食べ物に気づけなくなること。そして、美味しいモノを楽しめなくなること。有害な食べ物(命に関わるレベルで)に気をつける必要は、今のところ日本ではありません(これは恵まれた食環境ですよね)。
また味覚のみになった場合は誰かに養ってもらえなければ生活できません。

嗅覚を失った場合、リスクは有毒ガス、有害な臭いに気づけなくなること。そして、心地よい香りを楽しめなくなること。リスクについては周りに誰かいれば気づくことが可能です。
嗅覚のみになった場合、味覚と同様、誰かに養ってもらえなければ生活できません。

このように考えると、視覚から得られる情報量と汎用性・代替性は大きく、「一つ失った場合」「一つしか残らない場合」いずれにしても視覚が最も重要かな、と感じました。

また同時に思ったのは、「現代の生活は視覚に頼りすぎていないか」ということ。
視覚から得られる情報量が非常に多く便利なために、視覚をメインにした生活に偏りすぎているんじゃないか。そんな風にも感じました。

五感がバランス良く必要とされる生活。五感がバランス良く重要とされる仕事。
五感がバランス良く重要とされる社会ってどんな世界なんでしょうか。

今の時代、行き過ぎた歪みを感じることが多くなっている気がします。
行き過ぎない、そしてやり過ぎないバランス感覚。できることなら失わないように、時に歪んでいないか見直せるように生活できると良いですね。
そして五感はどれも大切です。健康には気を配り、体を大事に生活できると良いですね。

【関連記事】
もしアナタの目が見えなくなったら(1) - DID(ダイアログ・イン・ザ・ダーク )を体験してみた
もしアナタの目が見えなくなったら(2) - 五感で一番重要なのは?
もしアナタの目が見えなくなったら(3) - 追記:パワーシフト

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしアナタの目が見えなくなったら(1) - DID(ダイアログ・イン・ザ・ダーク )を体験してみた

想像してみてください。

「アナタは事故に遭い、目が見えなくなりました。体は動かせます。ただ目は全く見えません。でも、今日は外せない用事があり、外出しなければいけません。どうやって目的地までたどり着きますか?」

そんなことを実際に体験できるイベントを紹介します。
(1999年から定期的に開催されているようなので、ご存じの方もいるでしょうか)

ダイアログ・イン・ダーク - DID
(ダイアログ・イン・ダーク(DID)会場入口)

会場では数名の参加者が白杖を持ち、アテンドに導かれて、完全な暗闇の中で目的の場所へ向かいます。
普段は見えるはずのものが全く見えません。
目的地までにはちょっとした、でも見えていれば何でもないはずの障害物があります。
しかもグループ(お互い知らない人同士)で移動するので、初めは参加者同士がぶつかり合い、移動の妨げになります。

頼れるものは視覚以外の感覚。
特に移動する場合は、持っている白杖と空いた手で触れる感触(触覚)、そして周りから聞こえる音(聴覚)が頼りです。
すると自然と参加者同士が声を掛けあって、「右手に壁があるよ」「前に下りの段差があるよ、気をつけて!」
グループで助け合いながら先へ先へと進んで行くようになります。

初めは体が触れることも遠慮がちだったはずが、危ないところ、注意を引くところでは、自然と声を出し合い、手を取り合いながら進むようになります。逆にそうしないと危ないかも知れない(全く周りが見えないので、少し動くのにもとても慎重になります)。そんなちょっとした恐怖感もあって、自然とお互い助け合いながら先へ先へと進みます。

そうやってみんなで無事に目的地まで辿り着ければ、椅子に座りドリンクで喉を潤しながらの会話。その頃には初対面のはずの皆が頼れる仲間のような感じになっています。初対面のはずが、自然と会話も弾む不思議な感覚。

目が見えないと、少し動くのにも聴覚と触覚が頼りです。
目が見えないと、不思議なことに、味覚、嗅覚も敏感になります。

目が見えないと、視覚以外の感覚がどれほど重要か。そして周りの人のちょっとした親切がどれほど有り難く感じるか。そんなことを体験できるイベントです。

視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚という五感の中でも、おそらく普段、一番頼りにしている視覚がなくなったらどうなるか体験できるイベント。そして、視覚がなくなると、それを補うために自然と周りの人の感覚も頼りにしてしまう不思議なイベント。

あなたも一度、体験してみませんか?

DID - ダイアログ・イン・ザ・ダーク

【関連記事】
もしアナタの目が見えなくなったら(1) - DID(ダイアログ・イン・ザ・ダーク )を体験してみた
もしアナタの目が見えなくなったら(2) - 五感で一番重要なのは?
もしアナタの目が見えなくなったら(3) - 追記:パワーシフト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

[ケータイ国盗り合戦] 190国目 石狩国 豊平 (道央道)

ケータイ国盗りの190国目は「石狩国 豊平」エリア。
北海道キロロスキー場から新千歳空港への移動中。道央道の走行中にゲット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ケータイ国盗り合戦] 189国目 石狩国 丘珠 (道央道)

ケータイ国盗りの189国目は「石狩国 丘珠」エリア。
北海道のキロロスキー場から新千歳空港への移動中。道央道の走行中にゲット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ケータイ国盗り合戦] 188国目 石狩国 篠路 (道央道)

ケータイ国盗りの188国目は「石狩国 篠路」エリア。
北海道のキロロスキー場から新千歳空港への移動で、道央道の走行中にゲット。
札幌付近からしばらく走ったあたりで盗れました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ケータイ国盗り合戦] 187国目 後志国 小樽・ニセコ (キロロスキー場)

ケータイ国盗りの187国目は「後志国 小樽・ニセコ」エリア。
北海道のキロロスキー場で盗れました。
にしても、「小樽・ニセコ」ってエリアがかなり広いような・・・。

ちなみにキロロはこの時期なのに雪質最高でした。歩いたときの「キュッキュッ」って音がたまらない。
キロロの雪質

でも上の方は雲行きが怪しい感じ・・・。
キロロ入口付近

ゴンドラで山頂まで上がると、一面銀世界。
キロロ山頂1

というか真っ白。
キロロ山頂2

コースがよく見えない中、スリリングな滑りを楽しめました・・・。
でもやっぱり雪質がいいと、多少コンディションが悪くても滑ってて気持ちいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

[ケータイ国盗り合戦] 186国目 石狩国 白石 (東西線 菊水駅)

ケータイ国盗りの186国目は「石狩国 白石」エリア。
札幌の地下鉄東西線菊水駅でゲット。
この路線なら、菊水~新さっぽろ(終点)で盗れる模様。

ちなみに白石は「しらいし」じゃなくて、「しろいし」なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

[ケータイ国盗り合戦] 185国目 石狩国 札幌

ケータイ国盗りの185国目は「石狩国 札幌」エリア。
札幌中心部、中島公園近くでゲット。

ちなみに朝の中島公園はこんな感じでした。まだまだ雪が残ってます。
 中島公園

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ケータイ国盗り合戦] 184国目 石狩国 琴似 (東西線 宮の沢駅)

札幌テイネハイランドから札幌への移動中にゲット。
電車なら、札幌地下鉄東西線の宮の沢(終点)~西28丁目あたりで盗れるのを確認。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ケータイ国盗り合戦] 183国目 石狩国 手稲 (札幌テイネハイランド)

札幌テイネハイランドスキー場でゲット。

この日は元々行く予定だった札幌国際が強風で全面クローズ。
代替でテイネになった。が、こちらも風が強く運行リフトは一本のみでした・・・。

写真に撮ると穏やかな感じですが、一番下のリフトでも結構揺れてます。
札幌テイネハイランド1

リフトを降りたところでもう一枚。
一番下の初心者コースのわりに、いきなり中級な斜面がある罠。
札幌テイネハイランド2

この斜面を避けて降りることもできるけど、そうするとリフト乗り場へ戻るにはコースを斜めに降りる必要あり。
迂回コースをまっすぐ降りるとレストハウス入り口。直接リフト乗り場に戻れない。
一番簡単なコースで練習する初心者には優しくないなー、とか思いながらひたすら滑ってた。
でも後で考えると、レストハウス前の平面で一旦休めるくらいが逆に優しいコース設計なんだろうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ケータイ国盗り合戦] 182国目 石狩国 千歳・北広島 (新千歳空港)

新千歳空港でゲット。
ここへ冬に来ると毎回思うんだけど、空港から外に出たときのキン!と冷えた空気がたまらなく気持ちいい!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ