« [Mobile] 携帯メールで乗換案内、辞書、ニュース、地図、グルメ検索、などなど | トップページ | [News] 役所のインターネット申請システムは無駄なのか? »

2006年8月23日 (水)

[News] 総務省が考える情報漏洩防止のための新技術

スラッシュドット ジャパン | 総務省が特定のファイルをネット上から消滅させる技術の開発を計画
"23日のNHKニュース「情報漏えい対策 新技術開発へ」によると、総務省が通信機器メーカーなどに呼びかけて、通信機器に埋め込む仕掛けによって、情報漏洩したファイルなどを強制的に消去する技術の開発を来年度から3年計画で実施する予定だという。具体的には、ファイルの所有者が流通を望まないことを示すマークを電子的に埋め込んだものについて、「通信事業者らによってネット上から強制的に削除できるようにする技術」とのこと。

えーと・・・。
この計画、端から端まで疑問点でいっぱいですね。
順番にツッコミを入れていきましょうか。

この「流通を望まないマーク」はファイルが暗号化された状態でも識別できるんでしょうか?
日本はVPN禁止になるんでしょうか?

このマークはファイルの作成者なら付けたり外したりできるんですよね?
ということは、第三者がマークを外せちゃったりしませんか?

また逆に、フリーソフトのように自由な流通を望むファイルでも、第三者にマークを付けられて流通不可になっちゃったりとかしませんか?
原本ファイルと第三者のファイルを別物と認識できるとすると、ファイルをコピーして開けさえすれば、マークつきファイルのマークを外して流通させることが可能になっちゃいますね。

ファイルを開ける人を限定しますか?
パスワードとかでファイルオープンを制限しますか?
それって技術開発の必要なんかないですよね?
既存の技術ですよ?

そもそも情報流出で問題になったような組織だと、必要なファイルにマークを付け忘れたり、マークの運用方法がはっきりしていなかったりで、また問題になるんじゃないでしょうか?

あと総務省さん。
この計画は有志のボランティアをつのって研究するんですよね?
まさか、こんな意味不明な研究に貴重な税金を使おうとしてます?
まさかそんなわけはないですよねぇ。


情報流出を防ぐのに重要なのは情報を扱う人の個々の意識。
いくらすばらしいシステムで自動的に防御できるようにしたとしても、内部の人が使い方を間違えれば意味がなくなっちゃいます。
Winnyでの情報流出は、この「使い方を間違えた」のが根本的な原因。
たくさんの税金を使ってすばらしいシステムを作ろうとする前に、使い方を間違えないよう、内部統制を徹底すること、できれば、そのノウハウを他の企業などでも活用できるように公開すること。
そんな活動や研究のほうがよっぽど実用的かつ効果的でしょうね。

|

« [Mobile] 携帯メールで乗換案内、辞書、ニュース、地図、グルメ検索、などなど | トップページ | [News] 役所のインターネット申請システムは無駄なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157618/11575305

この記事へのトラックバック一覧です: [News] 総務省が考える情報漏洩防止のための新技術:

» ネットワークセキュリティ [共通テーマ]
ウィルスによる情報の漏洩、システムのダウンによる経済や交通の麻痺。ネットワークのトラブル、セキュリティについてのご意見、ニュースを教えて下さい。 [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 13時45分

« [Mobile] 携帯メールで乗換案内、辞書、ニュース、地図、グルメ検索、などなど | トップページ | [News] 役所のインターネット申請システムは無駄なのか? »