« [News] 総務省が考える情報漏洩防止のための新技術 | トップページ | [グッズ] ベッドでのんびりノートPC「ゴロ寝deスク アルミ」 »

2006年8月24日 (木)

[News] 役所のインターネット申請システムは無駄なのか?

パスポート:電子申請停止へ 07年度から 外務省方針-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
 外務省は22日、インターネット経由でいつでもパスポートを申請できる「旅券電子申請システム」を07年度から停止することを決めた。04年3月にスタートしたが、手続きが煩雑なため、パスポート1冊あたり1600万円ものコストがかかっていた。同省は今月末に財務省に提出する概算要求に約8億円の運営経費を盛り込まない方針だ。

2004年3月から現在までの利用が133件で、1件あたり1600万円。
パスポートをインターネットで申請なんて、ニーズは結構ありそうなのに何故こんなことに?と思って、申請方法を確認してみました。

パスポなび:有効期限が切れた 電子申請

このページにはパスポートの有効期限が切れたときのインターネット申請方法が書いてあります。

 

必要なもの。

  1. パソコン(インターネットに接続できるもの)
  2. 住民基本台帳カード(ICカード)
  3. ICカードリーダライタ
  4. 写真・自署(サイン)
  5. 有効旅券(新規申請の場合、戸籍謄本または抄本)
  6. 郵便はがき:1枚

ん~??
住民基本台帳カードに、ICカードリーダライタ??
パスポートの申請をしたい人の中ですでに持っている人ってどれくらいいるんでしょうね。

対応する機器は2~3,000円くらいからで買えるようですが・・・。

公的個人認証ICカードリーダー :ビックカメラ.com

さて今回、外務省の構築したシステムに無駄が見つかり、廃止することになりました。
一見すると、「構築費+運用費の数十億円を無駄遣いしたものの、長い目で見ると節約に繋がる決断」とでもなるんでしょう。

でも、本当にこれで終わりでいいんでしょうか。

このシステムの問題のひとつは、利用者が少なすぎたこと、です。
使われなかったのは、単純に電子申請の存在を知らなかったことと、知っていてもあまりにも使いにくかったこと。
使いにくくなってしまった原因は、「住民基本台帳カード(+専用機器)」が必要だったことでしょう。
つまり、この「住民基本台帳カード(+専用機器)」」を使ったシステムは、全て同様に「作ったけども使われない」システムになりうるわけです。

パスポート申請に関しては、不便でコストがかかりすぎるから廃止することになりました。
他の同様のシステムも廃止しますか?
それとも高コストだけれども必要だから使いつづけますか?
構築・維持のコストを少しでも下げて、そのノウハウを関連するシステムに展開していく、なんて取り組みはないものでしょうか。

・・・と思っていたら、こんな記事が。

スラッシュドット ジャパン | 電子政府が使えない理由、縦割りの弊害?JREの弊害?

なかったみたいですね。あはははは。

 

|

« [News] 総務省が考える情報漏洩防止のための新技術 | トップページ | [グッズ] ベッドでのんびりノートPC「ゴロ寝deスク アルミ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157618/11591702

この記事へのトラックバック一覧です: [News] 役所のインターネット申請システムは無駄なのか?:

« [News] 総務省が考える情報漏洩防止のための新技術 | トップページ | [グッズ] ベッドでのんびりノートPC「ゴロ寝deスク アルミ」 »