« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の記事

2006年3月31日 (金)

[FF12] ガンビットで楽しむ

FF12の戦闘はアクティブバトル。
移動フィールドと戦闘モードの境がなくて、フィールドを歩く敵をいきなり攻撃することもできるし、油断していると突然、敵から攻撃されることもあります。
下手をすると休む暇がないし、味方のパーティ全員の戦闘コマンドをリアルタイムで手入力するのはとても大変です。

そこで導入されたのが「ガンビット」という、AI戦闘の内容を細かく指示できるシステム。
スクウェアエニックスはそれほど宣伝していないようですが、思うにFF12最大のウリと言っても良いほどの楽しいシステムです。
正直なところ、これがFF12で一番面白いところでしょう。

例えば、
 1.HP<50%の味方 ⇒ ケアル
 2.目の前の敵   ⇒ たたかう
とすれば、
敵が近くにいれば戦って、HPが減ったときにケアルをかけてくれる。

でも敵が多くて乱戦状態になると、ターゲットが散って効率が悪くなるから、
 1.HP<50%の味方 ⇒ ケアル
 2.HPが最も低い敵 ⇒ たたかう
 3.目の前の敵   ⇒ たたかう
ってすると、HPの低い敵から順に効率よく倒せる。

また、
 1.HP<50%の味方 ⇒ ケアル
 2.HPが最も低い敵 ⇒ たたかう
 3.目の前の敵   ⇒ たたかう
 4.味方一人    ⇒ リジェネ
 5.味方一人    ⇒ スリプガ
ってすれば、効率よく戦闘を終わらせた後でみんなにリジェネ(HP自動回復)をかけ、さらにみんな仲良くスリプガでお昼寝、なんてことも可能。


 1.味方一人    ⇒ たたかう

これで唐突にバトルロワイヤル開始してみたり。


効率を追求するも良し、自分なりのこだわりを詰め込むのも良し。
新しい魔法や技、ガンビットの命令が手に入れば組み合わせを再検討するのがまた楽しかったり。
アイデアしだいで面白い戦略が出てきそうなシステムですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

[システム開発] サーバ搭載ストレージの最新トレンド(RAID6とSAS)

サーバ内蔵ハードディスクの最新トレンド(2006年版) - @IT

より、サーバに搭載されるストレージの変化について、記事のポイント。

1.IDE/SCSI⇒SATA/SAS

従来、IDE/SCSIで使われてきたパラレル・インターフェイスの性能が限界に近づいている。
同時にディスクコントローラの処理能力向上により、SATA(シリアルATA)やSAS(シリアル・アタッチドSCSI)などのシリアル・インタフェースの使用が現実的になった。
一般向けデスクトップマシンではSATAの使用が広がっているが、サーバ用途でもSASが普及しそう。
SASでは、SATAと互換性を持つコネクタを採用しているため、サーバ用途により、コスト重視ならSATA、性能・耐障害性重視ならSAS、という選択が可能になるというメリットもある。

2.3.5インチ⇒2.5インチ

2.5インチHDDは3.5インチに比べて、本体容積が70%以上小さく、消費電力も40%ほど低い。
スペースに制限のあるブレード・サーバでサーバ用途でも使われるようになり、1Uラックマウント型サーバへも積載容量を増やすために導入が始まった。
ディスク容量の小ささ、バイト単価の高さというデメリットもあるが、普及すれば差は縮まりそう。

3.RAID5⇒RAID6

元々RAID導入では、同じ時期に製造した同じ型番の製品を利用することが多い。
これがシステム規模の拡大によってハードディスク台数も増加し、2台同時に故障する可能性が無視できなくなってきた。
RAID5に比べてRAID6は「パリティ計算のタイムロスが大きい」「実効ディスク容量が少なく、構成に必要なディスク台数が多くなる」といったデメリットもあるが、前者はCPUやRAIDコントローラの性能向上、後者はHDDの単価下落によって導入が容易になった。

以上3つの要因により、サーバ用途では2006年後半に向けて「SASによる2.5インチHDDのRAID6ストレージ」の導入が進むだろう。

さらにもう一つ、「2台同時に故障する可能性が無視できなくなってきた」 ことについて理由を指摘した記事。

安価&大容量ディスクサブシステムに欠かせないデータ保護技術「RAID 6」
SANNASを通じて1台のディスクサブシステムを複数のサーバーから共有する形が一般化しており、ディスクサブシステムのデータ損失が複数のサーバーに影響を与えてしまう。

(参考記事:低価格SAN低価格NAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

ココログ重っっ!!!

昨日のアップデート以降、ココログが非常に重くなっています。
高負荷以外にもいろいろとトラブルがあるようで、アナウンスが出ていますね。

お知らせココログ: 3月28日メンテナンス後の状況について

お知らせココログ: 3月28日メンテナンス後の状況について(第二報)
4. 負荷が高くなっており、BadGatewayやProxyError等のエラーメッセージが表示される
昨晩は永続的に高負荷な状態が発生しており、3月29日の午前3時を境に平常的な負荷状況となりました。現在は通常に近い負荷状態となっております

今(2006/03/29 23/45現在)みたいな状態が通常だったら、使い物にならん。
記事を1つアップロードするのに5分、10分かかるブログって何なんだ。
(記事作成時間含まず。純粋なアップロード時間。エラーからのリトライは含む)

さすがにひどすぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Security] 住基ネット情報流出 北海道斜里町職員PCから

また Winnyネットワークへの情報流出が見つかったようで。

ウィニー:住基ネット情報流出 北海道斜里町職員PCから-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

よりによって住基ネットの情報。
今回流出した中に個人情報が含まれていないとのこと。
でも、情報流出があってはならないシステムです。
セキュリティに影響の少ない内容だとしても流出してしまったというのは、利用者への印象がとても悪いですね。

■関連記事
[news] Winny開発者は有罪?無罪?(5)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[システム開発] Perl/PHP+MySQL vs Java+Oracle

先日、SEの友人と話していたとき。
Webサーバみたいなオープン系のシステム開発はいわゆるSIerのシステム開発に比べて品質管理がアバウト・・・というと語弊があるな・・・品質管理にかける時間や労力が少ないんじゃないか、という話になった。

その流れで友人が言った言葉、「Webサーバはニッチだもんね」

この言葉を聞いたとき、初めは「あぁ、そうだよなぁ」と思う反面、「ニッチ」という単語に違和感が残った。
Webサーバ開発って、システム開発全体で見ると隙間産業・・・っていうほど小さくはない気がする。
少なくともサーバ数とかシステム数で見れば、逆に多数派になるじゃなかろうか。

予算規模で1システム同士を比べれば、その差は歴然。
でも、それぞれが小粒でも数が多い。全体で見れば意外と差はなくなるかもしれないな。
しかもこの差は、今後縮まっていくんじゃないだろうか。

つまり、ニッチというより単純に担当範囲が違うといったほうがいいかもなぁ。

なんてことをこのところ考えていた。

そんなタイミングでこのような記事を発見。

2006年1月 - Walrus, Visit.:なぜ「業務にPerlは使えない」のか?

F's Garage:Java圏とPHP,Perl圏の断絶について。

ともに、冒頭で比較した2ジャンルをPerl/PHP+MySQLとJava+Oracleといったグループに分けて、「使う技術の違い」「開発する企業の違い」という切り口で比較している。

そもそも企業文化も違うし、基盤の技術が違う、と。
ついでにもう一つ、対象のユーザも違うだろうか。(企業相手と一般ユーザ相手)

しかもどの違いも完全に分断されているわけじゃない。
かぶる部分もあるから一見「同じシステム開発」とひとくくりにしてしまいそうだけれども、この2つのジャンルは目指す方向が違う。
文化が違うんだと割り切って、それぞれの長所・短所を見極めるのが良さそう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月27日 (月)

[news] 「ゆりかもめ」 声優が音声案内

今日3/27から、新橋~有明間を走る「ゆりかもめ」が延伸されて、有明~豊洲まで走るようになったそうです。

これまで「ゆりかもめ」の有明側は乗り換えが不便で、有明⇒りんかい線くらいしかありませんでした。
有明駅でりんかい線に乗れば、新木場(JR京葉線・有楽町線)、大井町(JR京浜東北線)、大崎(JR山手線)あたりを使えます。
でも、2回乗り換えるくらいなら新橋に出たほうが便利。

でも、豊洲まで延びれば、直接、有楽町線に乗り換えられるようになります。
地下鉄メインの人なら、豊洲に出たほうが楽に移動できるかもしれませんね。

■主な乗換駅

新橋  ⇒

銀座線
浅草線
山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線 

汐留  ⇒ 大江戸線
有明  ⇒ りんかい線
豊洲  ⇒ 有楽町線



ついでに「ゆりかもめ」をWikipediaで調べてみました。
券売機で切符の払い戻しができたり、声優が駅構内の音声案内をしてくれたりと、面白いことをしてるんですねぇ。

ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線 - Wikipedia
ゆりかもめの各駅で使用されている自動券売機は、乗客が切符を誤購入した場合のことを考え(普通乗車券に限られるが)誤購入した切符を、券売機の切符が出て来る所に挿入すれば返金されるという珍しいものである。

2006年3月27日の豊洲延伸開業に合わせ、駅構内に音声案内装置を設置する事になっている。このうち、構内案内図・精算所・トイレ案内図の3つに関しては、各駅ごとに1名ずつ、計16名の声優を起用した音声案内システムを導入する。

ちなみに声優情報のページは現在重くて見えませんでした。
サイトのトップページがかろうじて表示できるかな、って状態。
アクセスが集中してるのか・・・。

「ゆりかもめ」音声案内の声優情報
「ゆりかもめ」トップページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[news] フジテレビの会社概要がAA化?!

Yahooニュースでこんな記事を見つけました。

Yahoo!ニュース - ITmediaニュース - フジテレビの会社概要がAA化 「時代に合ったデザイン」に
トップページは、画面じゅうに広がるアスキーアート(AA)。AAの社屋の隣に、同社の犬キャラクター「ラフ君」のAAが飛ぶ。

見にいってみると、すごいことになってます・・・。

フジテレビ会社概要
「フジテレビ会社概要」のページ

 

ちなみに記事によると、
時代の空気を鋭く反映した結果、AAの採用が決まったようだ。次の事業報告書が出る6月ごろには新デザインに変わるそう。
とのこと。
なくなる前に見ておかなきゃですね。

■関連記事
ITmedia News:フジテレビの会社概要がAA化 「時代に合ったデザイン」に



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/26

総プレイ時間は58時間ほど。
港町バーフォンハイム~幻妖の森~古代都市ギルヴェガン~クリスタル・グランデ~リドルアナ大瀑布~大灯台 下層まで。レベルは46。

古代都市ギルヴェガンの単調さと、クリスタル・グランデの画面の見づらさにかなり萎えた。
このゲーム、キャラ大きすぎ、足遅すぎだよなぁ。
大きさ半分、移動速度2倍(アイテムとかスキル使用でいいから)になれば、ずっと快適に楽しめるだろうに・・・。残念。

 

  • 幻妖の森は通過する順序が重要。
  • 魔人の門は「魔人」を呼び出す。
    召還はエフェクトがウザいだろって使ってなかったから気づくのに時間かかった。
  • 古代都市ギルヴェガンのBOSSタイラントは、HPが減ってくると攻撃が激しい。
    ミストナック連携あたりで一気に倒すのが良いか。
  • クリスタル・グランデで行き詰ったら、隠し通路を探す。
    空中に緑の点々があれば、そこに通路が出現するので、基点を探す。
  • クリスタル・グランデのどこかで「デスブリンガー」を拾った。店売り武器より強い。
  • 港町バーフォンハイムの武器・防具店には、良い装備が入荷される。
    お金があれば揃えておく。
  • リドルアナ大瀑布に向かう時点で飛空挺を自由に使えるようになる。
    (ターミナル間を移動できる。自分で操作することはできない)
  • 大灯台 下層で敵を倒すと「黒の珠」を落とすことがある。
    時間がたつと逃げるので、出たらすぐに取る。取るときはガンビットOFFにすべきか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/25

総プレイ時間は52時間ほど。
アルケイディス旧市街 ~帝都アルケイディス~ドラクロア研究所~港町バーフォンハイムまで。レベルは43。

本日もクランの依頼をこなす。
サリカ樹林のブライとパラミナ大峡谷のチョッパー。ともにこのレベルならゴリ押しで楽勝。

続いて放置していたBOSSに挑戦。
サリカ樹林のボムキングはゴリ押しでOK。ただし、ザコのボムを相手しているとキリがないようなので(ボムキングは治癒で完全回復する)、本体を集中攻撃。
攻撃用ガンビットは「MaxHPの最も高い敵」あたりで。

ミリアム遺跡の奥にも挑戦。
初回の遺跡攻略後に出現した、パワーオブマナ・パワーオブパワーはゴリ押しで行けるようになっていたが、BOSSのゼロムスには完敗。
部屋に入ると魔法が一切使えなくなるのが厳しい。ハイポーションでは回復が間に合わない。
戦闘前にヘイスト・リジェネ・プロテス・シェルをかけていたので、初めは何とかやりあっていたものの、徐々に削られていって全滅。

あとは帝都アルケイディスのリーフ集めが楽しかった。神経衰弱みたい。
リーフ28枚でブラックフェザー入手。入手までの組み合わせは以下の通り。


■ ニルバス区
1 見守る紳士(左) [走り回って働いている連中] 売り込む男(左)
2 おうえんする研究員(左~中) [励ましの言葉] 失敗した研究員(中~右)
3 説明にこまる紳士(左~中) [給料が半分] ブルーダイヤの婦人(左)
4 スポーツ好きの婦人(左~中) [代々スポーツマン] 読書好きの研究員(左)
5 決意した研究員(右) [退職の決意] 元研究員の紳士(中~右)
6 空気を変えたい婦人(右) [大女優への道] 引退した婦人(右)
■ モールベリ区
7 旅好きな婦人(中下~右下) [旅することが大好き] 旅の生活の紳士(左)
8 ホロッときた婦人(左) [大道芸人] 家族思いの娘(中下~右下)
9 魔道士の女(中上~中下) [魔道士の素質] アカデミーの紳士(左)
10 ジャッジになりたい男(左) [ジャッジになりたい] ジャッジの婦人(中上)
11 フェザーを目指す女(中上) [28のリーフ] フェザーを目指す男(左~中上)
12 そっくりの男(左) [変装の名人] そっくりの男(左~中上)
13 アクセサリの婦人(左) [ギーザのアクセサリ] ギーザの男(左)
14 家庭教師の夫人(右上) [家庭教師] 家庭教師の紳士(右上~右下)
15 ネックレスの男(中下) [結婚記念日] ネックレスの女(中下~右下)
■ トラント区
16 片思いの紳士(左下) [取引先のお嬢さん] 片思いの婦人(右下)
17 歴史を知る老人(右上~右下) [帝都の歴史] 歴史を知りたい紳士(中下)
18 ビルヂングの紳士(中下) [独創的な建築士] デザインが変な紳士(中下)
19 チケットの母(左上~中上) [舞台のチケット] チケットの娘(右下)
20 リュートの女(中上~右上) [リュート弾き] リュート弾き(左下~中下)
21 ブティックの婦人(左上~中上) [自分のブティック] 金が余っている紳士(右上)
■ リーアナ区
22 手紙をひろった紳士(中) [恋の願掛けの手紙] ロマンチックな婦人(中~右)
23 ツアーの女(右) [ビュエルバの空中庭園] ビュエルバの婦人(中~右)
24 野菜を売る女(右) [まんまるコーンが品切れ] 野菜を売る男(左~中)
25 入荷がうれしい紳士(左~中) [妹の欲しがっていたアイテム] 入荷を待つ婦人(中~右)
26 ガンビットの紳士(右~中) [経済判断力が上がるガンビット] カードをもらった婦人(左)
27 美食研究家(左) [革命的な料理] 料理が下手な婦人(中)
28 タロットの女(中) [悲しい未来] 幸せな小説を書く女(中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/24

総プレイ時間は48時間。

昨日はフォーン海岸のハンターズ・キャンプ~アルケイディア旧市街まで。レベルは40。
巷の情報によると、途中のソーヘン地下宮殿にいるBOSS(マンドラーズ、アーリマン)では、苦しんでいる人がわりといるらしい。
が、両BOSSともゴリ押しで問題なしだった。もう少し早く来ても良かったかな。

ちなみにBOSSと戦ったときのガンビットはこんな感じ。
通常もMPの状況をみてHPの%を変えたり、ヘイスト・リジェネを切ったりする程度で、基本的には同じ。

  • 瀕死      ⇒ 応急処置
  • HP<30%    ⇒ ハイポーション
  • HP<50%    ⇒ ケアルガ
  • 味方一人    ⇒ ヘイスト(盾キャラはOFF)
  • 味方一人    ⇒ リジェネ(盾キャラはOFF)
  • HPの最も低い敵 ⇒ たたかう
  • 目の前の敵   ⇒ たたかう(もしくは、リーダーの敵)

 

で、今日はクランイベントに専念してみた。レベルは42まで。
ガラムサイズ水路でホワイトムース。西ダルマスカ砂漠でリングドラゴン。大砂海ナム・エンサでワイバーンロード。ヘネ魔石鉱でマインドフレアとイシュタム。
全てゴリ押しで撃破。のんびり進みすぎてるのかなぁ。

  • ホワイトムースにはファイラ
  • リングドラゴンはドンムブに注意。動けなくて良いなら無視。
  • ワイバーンロードは出現エリアのザコを全滅させると出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/22

総プレイ時間は42時間ほど。プルオミシェイス~フォーン海岸のハンターズ・キャンプまで。レベルは35。

アルケイディアに向かってテクテク徒歩の旅。
モスフォーラ山地ではエレメンタルにボコられ、サリカ樹林ではBOSSのボムにボコられ、と散々な旅。
どちらも手前にゲートクリスタルがあったから良かったものの、なけりゃどうなってんだか。
危なそうなエリアの手前にクリスタルがあるのは良いことです。

あとはクランの依頼を2つ。
モスフォーラ山地のアトモスと、ゴルモア大森林のポールバニーを討伐。

  • リフレク効果のある鎧は、自分の呪文も跳ね返す。どこに飛んでいくんだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/21

プレイ時間はちょうど40時間弱。ミリアム遺跡~戻った後のプルオミシェイスイベントまで。レベルは33。

ストーリーは置いといて、クランの依頼をこなしてみた。
8体討伐で「ゲイルレンジャーズ」に。
ラバナスタのクランショップでテレポストーンを買えるようになっていた。
(それまでは、ゆっくり飛空挺のショップで購入)

ついでに依頼の移動中、金のアミュレット装備でマメにザコを倒していたところ、LPがだいぶ貯まった。
戦っていないキャラにも装備させていれば、LP2倍になる模様。
ゼリーで稼いで金のアミュレット全員分を大人買い。

  • ミリアム遺跡の隠し通路にある宝箱は、シェルシールド or ダークマター
    階段を上るときにオイルタワー×2が出たらシェルシールド。出なければダークマター。かな?
  • ミリアム遺跡のゾンビでチェーン稼ぎ可能。
    向きを変えられる石像(3ヶ所)を基準にすると、石像(下)からエリア移動した場所から、石像(右)の少し手前まで。
    あと、トレジャーのある区画も回ると良し。
    ついでにガンビットに「目の前の敵」「盗む」をセットするとさらに稼げる。
    入手アイテムは、ただれた肉()と闇の石。
    入手アイテムは、ただれた肉(500Gくらい)と闇の石(50Gくらい)。
    たまにアイスブランド、妖術師の服も手に入る。
    (デモンズメイルもここで取れたかも)
  • ミリアム遺跡クリア後に奥へ進めるようだが、新しくPOPする敵が強いので注意。クリア直後だと厳しい?
  • 金のアミュレットは戦っていないキャラにこそ装備させるべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/20

プレイ時間はちょうど30時間くらい。神都ブルオミシェイスからミリアム遺跡前まで。
レベルも30になった。でも噂話を見る感じ、まだ先は長そう。

  • 地図は買わなくても、歩いて回ればマップは埋まるのね。特にフィールドの地図は高めだし。
  • 街の地図は安い。でも歩いて回るのも楽。
  • 金のアミュレット装備でLP2倍。ヘネ魔石鉱クリア後に購入できる。


あと、某所で拾ってきた金策Tips。
自分でも気づいたのはパンサーのみ。みんな色々考えるもんだなぁ。

▼序盤:砂漠のアルラウネ
西(ナム・エンサ)と東(オグル・エンサ)の砂漠の間のクリスタルがある地点の砂浜にでるアルラウネを倒すとあまい果実を落とす。
これはひとつ363Gで売れるので周辺で盗みまくる。

▼序盤:ビュエルバの魔石鉱のスケルトン
ラモンがポーションとハイポーション無限に持ってて永遠に回復してくれる。
スケルトンがわらわら沸くので画面切り替えなしで軽く40チェイン。
ただし奥に行くと強制イベントでラモンが離脱するので行ったり来たりして稼ぐ。

(2006/03/21 追記)
エリア名で言うと「スーニア平行橋」のところ。
「第2鉱区採掘場」の広間あたりまで行くとイベント発生するので、手前の階段のある部屋あたりまでで引き返すのが吉。
この2エリアはスケルトン系モンスターしか出ないようです。

▼中盤:ゴルモア大森林のパンサー
オズモーネ平原からゴルモア大森入った辺りのパンサーを狩る。
セーブポイント触れるとチェインとまるので注意。
クアールの毛皮を落とすからこれをエルトの里で売る。ひとつ450ギル。
全部倒したらオズモーネ平原方向に2マップ戻る。繰り返し。
最大クアール毛皮4枚ほど落とす。
30分で5万。セーブポイント有り、テレクリ有り、売り場近い、2マップ戻り激短。

▼中盤:ヘネ魔石鉱(クリア後)のゼリー
※必要条件:ファイラ(ヘネ魔石鉱をクリアした後エルトの里のモグが売ってる)
※ガンビット:全員に「目の前の敵」「ファイラ」を設定
※MP消費激しいので、ライセンスでターミネートチャージ(盗むを基準に左7)と魔法チャージ(盗むを基準に下に2左に4)をとっておくことをお勧め。
 1…ヘネ魔石鉱にゲートクリスタルで飛んで行く。
 2…坑口分岐点Bにいく。
 3…スイッチを押す。ポチットナ
 4…ゼリー達が出てくる(´・ω・`)
 5…何十秒かでゼリーちゃん15~20近く倒す。
 6…スイッチを青にしてゲートクリスタルのフロア区間連結ラインB まで戻る
    (チェインをつなげるために必ず敵を倒さないこと。ずっとR2押しとけ)
これを繰り返す。
100チェインこえたあたりで黄色い液体と水の魔石が99近くになってるはず。
詳細…黄色い液体99個で52569ギル、水の魔石99個で7920ギル。20分~30分で六万ギル。ちなみにテレポストーンもいっぱい落ちます。


(2006/03/21 追記)
ゼリーを復活させるのに、ゲートクリスタルの部屋まで行く必要なし。
区間連結ラインA⇒区間連結ラインB⇒区間連結ラインA、と行き来するだけでOK。
これでさらに楽に稼げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/19

プレイ時間20時間弱。レイスウォール王墓、完了。
砂漠広すぎる・・・。
でも対ウルタン・エンサでチェーンボーナスの効果を楽しめた。
同種のモンスターが集まってるエリアが見つかれば、レベル上げが楽になりそう。

  • 戦闘時のチェーンボーナスは回数が増えるとランクアップ。
  • 青文字で、ドロップアイテムの個数増、メンバー全員の体力回復がランダムで発動。
  • 黄文字で、上記効果、プロテス、シェルの効果がランダムで発動。
  • チェーンボーナスLevelUpの回数は以下のものがあった。ランダム?
     ⇒青文字=6、12、8
     ⇒黄文字=34、25、16、31、33
     ⇒金文字=50、47(今のところ2回のみ)
  • レイスウォール王墓前のガルーダは強い。レベルを上げればゴリ押しも可能。
  • ガルーダを簡単に倒すには「イシクロの実」を使う。ナム・エンサで入手。
  • レイスウォール王墓のデモンズウォールは逃げることもできる。
  • デモンズウォール(奥)は何回かやって倒せた(ミストナック未使用)。手前の方が強い?気のせいか?
  • ミストナックは連携を長く繋げられなければ使わないほうが良いかも。倒しきれるところで使う。
  • レイスウォール王墓のラゴウ、自爆に注意。
  • ライブラの情報を見ている最中は、左上のメッセージが見れない。
  • レイスウォール王墓。濃密なミストは魔力の回復を早めてくれる。たしかに早い。

あと、攻略サイトを2つほど。参考にさせてもらってます。

[FF12攻略] FF12極限攻略データベース~ファイナルファンタジー12攻略サイト
FF12 攻略 FF12.org -ファイナルファンタジー12(FF12)攻略サイト-



| | コメント (0) | トラックバック (0)

[news] IntelMac+WindowsXP

Macintoshは昔からずっと自社で製造したOS・ハードの組み合わせを販売してきました。
中でもCPUについては、初期のMacではMotorola(モトローラ)の68000シリーズ、続いてIBMとMotorolaが共同開発したPowerPCシリーズを使ってきていました。

でも最近、IntelのCPUを使った製品を出すようになり、ユーザの間で「ひょっとしてWindowsも動くんじゃない??」なんて話も挙がっていたんですが、Apple関係者はそれを否定。

「Intel MacではWindows Vistaは動かない」--アップル関係者がIDFで - CNET Japan
Intel MacでWindows Vistaが簡単に動くといいな、と考えてはいないだろうか。
それはたぶん無理だという考えを、Apple Computerのあるエンジニアが米国時間3月9日に示した。

でも、パワーユーザは気合の入り方が違ったようですね。

「Intel MacでWindows XPを動かせ」--コンテストの勝者が決定 - CNET Japan
MacintoshファンがIntel MacにWindows XPを読み込ませることに成功し、約1万4000ドルの賞金を手にしたようだ。
米国時間16日、このコンテストの終了が宣言され、優勝者が発表された。

「Intel MacでWin XP」コンテスト--いかにして勝者は決まったか - CNET Japan
--この(Intel MacでWinodws XPを動かす)方法をあなたのサイトで公開したのですか。
 はい、すでに公開しています。いまのところ、だいたい5カ所のミラーページもありますが、アクセスがあまりに膨大でメインのサイトを動かしておくのが困難な状態にあります。


ということで、今もまだトラフィックが集中している模様。

ちなみにこのコンテスト、主催者が用意した賞金は100ドルだったのに、個人や団体からの寄付で最終的には14,000ドルになったそうです。
すごい話ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/18

FF12でゲーム中に気づいたことをメモ。
プレイ時間は10時間と少し。ビュエルバでオリドール候に会うところまで。

  • バルハイム地下道のバッテリーミミックは、放電箇所に走っていく。
  • ゲーム中にLoadするには、PAUSE⇒□終了⇒タイトル画面でLoadGame
  • トラップに引っかかりそうなときは、バトルメンバーを減らせば楽。
  • 「逃げるぞ」って言われたんだから、戦おうとしちゃダメね・・・。
  • ビュエルバの噂を広めるミニゲームはガイド相手だと上昇率が高め。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[news] 「社会人基礎力」とは・・・?

経済産業省から「社会人基礎力についての中間とりまとめ」というものが公表されたそうです。

「社会人基礎力」
言葉は理解できるけど、「じゃぁ何があるの」と考えると十人十色な答えが出てきそうな命題ですね。

■社会人基礎力に関する研究会「中間とりまとめ」報告書の公表について報道発表(METI/経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/20060208001/20060208001.html
経済産業省では、我が国の経済活動等を担う産業人材の確保・育成の観点から、職場等で求められる能力(「社会人基礎力」)の明確化・・・

■2. 社会人基礎力に関する研究会「中間とりまとめ」報告書【概要】(PDF形式:387KB)
http://www.meti.go.jp/press/20060208001/shakaijinkisoryoku-gaiyou-set.pdf

この報告では、「社会人基礎力の能力要素」として以下のような項目が挙げられています。

  • 主体性=物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力=他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力=目的を設定し確実に行動する力

  • 課題発見力=現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計画力=課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
  • 想像力=新しい価値を生み出す力

  • 発信力=自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾聴力=相手の意見を丁寧に聴く力
  • 柔軟性=意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 情況把握力=自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • ストレスコントロール力=ストレスの発生源に対応する力

いやはや、自分も社会人なわけですが、全項目を十分に満たせているんだろうか、と考えされられます。

ただ、この報告書、
我が国の経済活動等を担う産業人材の確保・育成の観点から
とのこと。
学校教育で伸ばすべき力、職業訓練で伸ばすべき力、ということになるでしょう。

学校教育は誰しも経験があるわけですが、果たしてこれらの力が伸ばせるような内容だったでしょうか。
自分なりに思い返してみると、学校で身に付きそうな内容は、

  • 学校で教わること。
    ⇒規律性:社会のルールや人との約束を守る力

  • 学校に通うことで学べること。
    ⇒情況把握力:自分と周囲との関係性を理解する力

  • 進学するときに経験できること。
    ⇒実行力:目的を設定し確実に行動する力
    ⇒計画力:課題解決のプロセスを明らかにし準備する力

これくらいかな、と思いました。
他の項目は今現在の教育制度でも身につく気はしません(ゆとり教育は問題外として、それ以降でも)。

でも、生きていく上で大事なこと。
これまでの社会でとりたてて問題視されなかったのはなぜなのでしょう。

一つは、現在ほど個々人の能力を深く問われなかったのではないかと思います。
特に最近、企業が求める人材の基準が上がってきており、基準を満たす限られた人のみ雇い入れて、残りの人材は一時的な雇用(派遣、契約社員、外注など)でまかなうことが増えてきているということでしょう。

もう一つは、上記項目の多くの教育(というか躾かな)を地域のコミュニティがまかなっていたということでしょうか。
核家族化が進み、特に都市部では近所のお付き合いも減ってきている。
そのために、子供を場合によっては叱りたしなめる人が親くらいしかいなくなってしまった。
だからこそ、政府が指針を示して、学校や政府の機関でサポートする必要が出てきてしまった。

そんな気がします。
ではどうすれば良いのか・・・。
学校での教育、会社での社内教育などでどのように活用されれていくのか。
特に、学校の教育がより良いものになることを願います。
少なくとも「経済産業省は教育とは関係ないし・・・」みたいなことはやめて欲しいものですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

[FF12] プレイ記録&Tips 2006/03/17

FF12を購入。で、ゲーム中に気づいたことをメモ。

  • ムービーはポーズ可能。ポーズ中、[×]でスキップも可能。
  • 戦闘不能を含む状態異常はセーブクリスタルで回復できる.
  • [Action]中に次の命令を出せる。
  • 魔法はまずケアルを購入。次にファイア・ブリザド。
  • 魔法を使うと、呪文詠唱に2秒くらい、発動後に1秒くらい動きが止まる。
  • ゲートクリスタルってセーブもできるのね。
  • マップ・通路の行き止まりではトレジャーをチェック。
  • 戦闘時はマメに「盗む」すべし。時間はかかるけど。
  • 狼の毛皮は41G、風の石=35G、火の石=35Gで売れる。

ちなみに買おうと思ったのはこちらの記事を読んだから。
最初読んだときは、ホンマかいなって思ったけど、実際にゲームをしてから読み返すと、確かにその通り。

ニャー速。 - 2ちゃんねるスレッド紹介ブログ -:ガチでFF12フラゲ組なんだけど何か質問ある?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Security] 「Winnyを使わない」だけでは終わらない

「Winnyを使わないようにして欲しい」

ニュースで安倍官房長官の話す姿が繰り返し報道されてました。
ネットを眺めたところ、政府だけじゃなくて色々な団体から同様の注意アナウンスが出ているようです。

■Yahoo!ニュース - MYCOM PC WEB - Winnyを使わないように - 政府と業界が連携して呼びかけ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060316-00000096-myc-sci
今回注意喚起をしたのは内閣官房、ISPの業界団体Telecom-ISAC Japan、そしてベンダーとしてマイクロソフトの3者。それぞれはタイミングを合わせて今回の声明を発表しており、政府と業界が同時に注意を呼びかけることで、Winnyを使用したことによる危険性を広め、マイクロソフトが提供するAntinny駆除ツールの利用促進、国民全体の意識向上を図る。

MicrosoftのAntinny駆除ツールはWindowsUpdateから自動的にダウンロードされるようです。
また、以下のサイトでWinnyについての説明と、Windowsで行うべき対策がまとめられています。

■ファイル共有ソフトによる情報の流出について
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/online/p2pdisclose.mspx

  1. 感染の確認および駆除(Antinny駆除ツール使用)
  2. ウイルス対策ソフトの導入と再確認
  3. パソコンを最新の状態にする(WindowsUpdate使用)
  4. ウィニーおよび、他のファイル共有ソフトの削除を検討する

さらに言えば、ファイアウォールソフトの導入もすべきなのですが、WindowsXP SP2ならデフォルトでFW機能が動いているはず、ということでしょうか。

具体的な行動がわかりやすくまとまってていいですね。
「Winnyを使わないで欲しい」より、このサイトを見て対策するのが現実的です。
Winnyを使って感染する人は、たぶんWinnyを使わなくてもいずれ何かのウィルスに感染しそうです。
こんな(↓)人はたぶん間違いなく。

■40%のAntinny駆除に成功するも、古いWindowsがネックに - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/news/200511/22/antinny.html
 Antinnyに感染していた11万台は、平均1.8種類のAntinnyに感染しており、「最も多くの種類に感染していたユーザーは、1台で28種類のAntinnyに感染していた」(ガームス氏)と述べた。

そのマシン、重くて使い物にならんだろうに、気づかないものなのかなぁ・・・。(笑)

あんまり事件が重なると、そのうちネット接続に「インターネット免許」みたいなのが要るようになるんじゃなかろうか。
免許を取ると、ネットに接続できるためのID/passwordが発行される(+生体認証なんかもあったりして)。
車の免許と同じく更新制。
ネットの場合、新しい技術や概念に対応できてることも確認が必要だろうから、更新のたびに試験があるんでしょう。

極論ですけども、いっそその方がいいかもって気もしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

[システム開発] スケジュールの「見える化」とスケジュールバッファ

開発スケジュール管理について、興味深く感じた記事を2本。

■.NET+アジャイルなら本当に幸せになれるのか? - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/nagile/nagile01/nagile01_02.html

この記事から、開発成果物・スケジュールの「見える化」について、
オフショア開発での問題を指摘。

> 見える化の重要な特徴の1つが、「いつも見える」ことです。
> いつも目に入ってくることがとても大切なんです。
> なぜかというと、それがコミュニケーションの基本だからです。
> すべての状況は何らかの形で常に目に見えるようにしておかないと、
> それについて(問題が顕在化するまで)なかなかコミュニケーションが
> 図られないことになるからです。
(中略)
>  いまはオフショア開発が全盛期ですが、
> 特にそのような開発現場ではまったく何も見えないことの方が多い。
> そして、実際にプログラムが手元に来ていざ結合してみると、
> とんでもない問題を抱えていることにそこでやっと気付く。
> そういうことが多々あるわけです。

この解決策として記事で説明されてるのがアジャイル型開発だけど、
大規模プロジェクトで導入するのは難しい。
そもそも、プロジェクト途中から始めるものでもない。
なので、活用に踏み切るタイミングが難しいかも知れない。

あと、
> そして、実際にプログラムが手元に来ていざ結合してみると、
> とんでもない問題を抱えていることにそこでやっと気付く。
について、思い当たったのが次の記事。

■クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント
- @IT情報マネジメント用語事典
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/ccpm.html

> ゴールドラットは、「プロジェクトバッファ」「合流バッファ」という
> 概念を導入した。
> バッファとは個々の作業者ではなく、
> プロジェクトマネージャが管理する余裕時間である。

作業を依頼するときは、遅れたことを想定しておく。
プラス、受け入れチェックの時間を忘れずに見積もる。
当たり前のことだけども、忙しくなると忘れがち。

クリティカルチェーンという考え方にも納得。
実際にどう活用するか、となると試行錯誤が必要だけれども、
その考え方は忘れないようにしたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Books] 「Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編」

デザインパターンとは何かを知りたいとき、お勧めの本として挙げられる中の1冊が、結城浩さんの「Java言語で学ぶデザインパターン入門」という本。

私自身も人に紹介されて読みましたが、説明がとてもとても丁寧に書かれています。
Javaをかじったことのある人なら、十分に理解できる内容ですし、使えそうなパターンをまず一つ理解して使ってみる、というだけでも役に立つな、と感じました。

そのシリーズの「マルチスレッド編」に増補改訂版が出たとのこと。

発行記念に、
『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編』無料プレゼント
というイベントを行っているようです。

■結城浩のはてな日記 - 『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編』
http://d.hatena.ne.jp/hyuki/20060316

また同じ方がこんな(↓)サイトも公開しているようです。
各パターンごとに小噺を一つ。
個人的にツボに入りました。面白いです。

■ギコ猫とデザインパターン
http://www.hyuki.com/dp/cat_index.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

[Mobile] 携帯で撮影⇒PDF化サービス

携帯やデジカメで撮影した画像を送ると、PDFファイルに見やすく変換して送り返してくれるサービスが始まったらしい。

想定しているのはビジネス用途。
公式サイトでは、会議で使ったホワイトボードや資料を撮影してPDF化したときの例を説明している。

なので、「見やすく変換」とは、例えば画像が傾いていたり、見えづらい部分を補正してくれるということ。
特に傾いた画像の補正例は興味深い。

Japan.internet.com ワイヤレス - カメラ付き携帯がスキャナ代わりに?
新興のハイテク企業 scanR Inc. は13日、ユーザーがカメラ付き携帯電話機で撮影した文書を同社に送ると、利用しやすいように検索可能なデジタル文書ファイルに変換してユーザーに送り返す新サービス『scanR』を発表した。
同サービスは現在および今後数か月は無料だという。ゆくゆくは、大量に利用するユーザー向けを有料にしてその料金表を発表する計画だが、1か月数枚程度のユーザーに対しては、将来も無料で提供し続ける予定だという。

scanR - Getting started with scanR

 

以下に簡単な使用の流れをメモ。

  1. デジカメ(携帯カメラ)を用意する。
      ⇒ホワイトボードを撮影する場合、最低100万画素。
      ⇒紙の書類を撮影する場合、最低100万画素、できれば200万画素。
      ⇒解像度は1280x1024以上、ファイル形式はJPEGで保存。
  2. 書類やホワイトボードをデジカメで撮影する。
  3. ホワイトボード画像なら<wb@scanR.com>へ、
    紙の書類やFAXなら<doc@scanR.com>へメール送信する。
  4. scanRセンターで、画像のノイズ除去、角度調整、PDF化。
  5. 指定したメールアドレスにPDFが添付されて送られてくる。
    FAX番号を指定していれば、送信完了後、確認メールが届く。
      ⇒通常、メールなら1分以内、FAXなら5分以内に完了する。

    (初回登録時は、4.⇒以下の流れになる模様)
  6. scanR からアクティベーションコードが送られてくる。
  7. scanRサイトで、以下の情報を入力し、ログイン。
      ⇒アクティベーションコード、Email address、Password
  8. scanRサイトより、PDFファイルをダウンロードする。

※Windows Mobile 5.0対応のPDA(携帯電話)なら、端末からアップロード⇒希望のE-mailにPDF配信、が可能らしい。
(専用ツールのインストールが必要)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Windows][IIS] IIS 6.0 Resource Kit Tools(IIS6.0 リソースキット)

IIS6.0のリソースキットについてメモ。
IIS6.0が入っているのは今のところWindows Server 2003のみ。
でもリソースキットだけならXPにも入れられるらしい。
(動かないツールもある、とのこと)

1.IIS 6.0 Resource Kit Tools のダウンロード

IIS 6.0 Resource Kit Tools について

Download details: Internet Information Services (IIS) 6.0 Resource Kit Tools

 

2.IIS 6.0 Resource Kit Tools のインストール

  • iis60rkt.exe
    ⇒インストールフォルダを選択し、全てインストール。
  • iis60rkt.exe /V/a
    ⇒指定フォルダ配下に以下が解凍される。
        program files フォルダ
        System32 フォルダ
        IIS 6.0 Resource Kit Tools.msi
  • iis60rkt.exe /?
    ⇒コマンドラインオプションを別ウィンドウで表示。

3.IIS 6.0 Resource Kit Tools の各ツール概要

  1. IIS 6.0 Migration Tool Version 1.0
    IIS4、IIS5、IIS6の設定を、IIS6に移行するツール。最新版は1.1。

    Download details: Internet Information Services (IIS) 6.0 Migration Tool
  2. Apache to IIS 6.0 Migration Tool Version 1.0
    Apache Web アプリケーションを実行している Linux ベースのサーバーから、Windows Server 2003 ファミリのメンバと IIS 6.0 を実行しているサーバーにサイトのコンテンツと構成設定を移行することができる。
  3. CustomAuth Version 1.0
    ユーザー資格情報を収集するカスタム ログオン ページを簡単に作成できる。
  4. IISCertDeploy.vbs Version 1.0
    IIS 6.0 の SSL 証明書の展開およびバックアップを行うためのツール。
  5. IIS Host Helper Service Version 1.0
    IIS 6.0 上で実行されるアプリケーションのパフォーマンスの低下や、アプリケーション エラーのトラブルシューティングを行うことができる。
  6. Metabase Explorer Version 1.6
    ローカルおよびリモートの IIS メタベース ストアの表示および編集用のグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を提供。
  7. Permissions Verifier Version 1.0
    IIS を実行するサーバーに対するアクセス許可を確認するための XML 構成ファイルのサンプル。
  8. RemapUrl Version 1.0
    クライアントが要求した URL を動的に変更するための、管理者用のツール。
  9. SelfSSL Version 1.0
    自己署名入りの SSL 証明書の生成およびインストール。
  10. TinyGet Version 5.2
    マルチスレッドとループをサポートするコマンド ラインの HTTP クライアント認証方式や、HTTP バージョン、出力形式などの要素を構成し、テスト要求をカスタマイズ。
  11. Web Capacity Analysis Tool Version 5.2
    独自に設計したコンテンツおよび作業負荷のシミュレーションを使用して、さまざまなサーバーおよびネットワーク構成をテスト。
  12. WFetch Version 1.3
    GUI を備えた HTTP クライアント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

[Windows][Tips] レジストリ追加・削除の方法(3パターン)

Windowsマシンを使っていると、レジストリの内容を変更しなければならないことがよくあります。
個人端末の設定変更なら、「窓の手」や「いじくるつーる」「Win高速化+」などのツールを使ってカスタマイズするのが一般的です。

この記事では、これらのツールがサポートしていない部分の変更方法3パターンをまとめます。

  1. レジストリファイル(*.reg)を使って設定する。
  2. スクリプト(*.vbs)で設定する。
  3. コマンドライン(reg.exe)で設定する。(WindowsXP/2003以降)
  1. レジストリファイル(*.reg)を使って設定する。
    【テストキー追加】
    Windows Registry Editor Version 5.00
    [HKEY_CURRENT_USER\Software\RegistryKeyTest]
    "RegistryTest"="1"

    【テストキー削除】
    Windows Registry Editor Version 5.00
    [-HKEY_CURRENT_USER\Software\RegistryKeyTest]

    ⇒※キーごと削除のみ。値のみの削除はできないみたい。

  2. スクリプト(*.vbs)で設定する。
    【追加スクリプト:regadd.vbs】
    Set objShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
    objShell.RegWrite "HKEY_CURRENT_USER\Software\RegistryKeyTest\RegistryTest", "0", "REG_SZ"

    【削除スクリプト:regdel.vbs】
    Set objShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
    objShell.RegDelete "HKEY_CURRENT_USER\Software\RegistryKeyTest\"

    【実行方法】
    cd <スクリプトを保存したフォルダ>
    cscript regadd.vbs

    ⇒キー内にサブキーが存在すると削除できない。(値なら可能)
     その場合は、サブキーを先に削除するようにする。



  3. コマンドライン(reg.exe)で設定する。(WindowsXP/2003以降)
    Windows2003/XPではreg.exeを使って、レジストリ操作をCUIで行うことができます。
    Windows2000でもリソースキットにreg.exe(英語版)が入っているようです。
    (インストールCD-ROMの [\SUPPORT\TOOLS\SETUP.EXE] からインストール)

    【レジストリキー】
    "HKCU\Software\RegistryKeyTest"
    ("HKLM" = "HKEY_LOCAL_MACHINE" のこと)
    【レジストリ値】
    "RegistryTest", "REG_SZ"
    【.regファイル出力先】
    <CurrentDir\>Winlogon.reg

    【バックアップコマンド】
    reg export "HKCU\Software\RegistryKeyTest" RegistryKeyTest_bak.reg

    【設定コマンド】
    reg add "HKCU\Software\RegistryKeyTest" /v RegistryTest /d 1

    【参照コマンド】
    reg query "HKCU\Software\RegistryKeyTest" /v RegistryTest /d 1

    【削除コマンド】
    reg delete "HKCU\Software\RegistryKeyTest" /v RegistryTest /d 1

    【リストアコマンド】
    reg import RegistryKeyTest_bak.reg


【関連記事】
雪と猫とコンピュータ: [Windows] デスクトップクリーンアップウィザードを停止する方法
雪と猫とコンピュータ: [Windows] 「デスクトップの表示」ショートカットの作り方
雪と猫とコンピュータ: [Windows] 便利なWindowsショートカットキーのまとめ
雪と猫とコンピュータ: [Windows] リモートデスクトップの使い方
雪と猫とコンピュータ: [Windows] イベントログをコマンドラインで確認する方法
雪と猫とコンピュータ: [Windows2000] DOSプロンプトでTab補完を有効にする方法
@IT:運用 Windows管理者のためのWindows Script Host入門 第7回 WshShellオブジェクトの詳細(3) 2.WSHスクリプトからのレジストリ操作 ― RegRead、RegWrite、RegDeleteメソッド ―
@IT:Windows TIPS -- Tips:コマンド・プロンプトでレジストリを操作する 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[Linux][Tips] シェルスクリプトで、フルパス文字列からファイル名のみを取得する方法

とあるブログに書いてあった記事。
今まで何も考えずに正規表現で切り取っていたんですが、もっとスマートにできるんですね。
特にbashなら変数の操作が便利になっていて綺麗に表現できるようで。

忘れないうちにメモしておくのです。


■シェルスクリプトで、フルパス文字列からファイル名のみを取得する方法(3パターン)

#!/bin/bash
filepath='/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0'
echo `echo $filpath | sed -e "s/.*\/\(.*$\)/\1/"`
echo `basename $filepath`
echo ${filepath##*/}

以下が参考にしたブログです。
この記事では、特殊変数$0を使って、「スクリプト自身の実行パスからファイル名を取得」ということをしていますね。

シェルスクリプト自身のファイル名を取得できる特殊変数 $0

シェルのパラメータ展開でスクリプト自身のファイル名を取得する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Tools] HTTPのリクエスト・レスポンス内容をキャプチャする(InternetExplorer編)

以前、同じ話題でまとめた記事がありますが、

■[Tools] HTTPのリクエスト・レスポンス内容をキャプチャする
http://relaxed.way-nifty.com/blog/2006/02/tools_http_9198.html
1. FireFox拡張機能
  ■LiveHTTPHeaders(ヘッダのみ)
  ■Tamper Data
2. 単独アプリケーション
  ■横取り丸+InetSpy
  ■Proxomitron(ヘッダのみ)

ということで、InternetExplorerを使った方法はスルーしてました。
この記事では、IEのプラグインを2つメモします。

  1. blunck.info(ieHTTPHeaders)
    http://www.blunck.info/iehttpheaders.html
    ⇒IEのエクスプローラバーとして登録される。
    ⇒[表示]>[エクスプローラ バー]>[ieHTTPHeaders] から起動。
    ⇒キャプチャ内容は、ウィンドウの下に表示
    ⇒リクエストとレスポンスのヘッダを全て表示(抽出機能なし)
  2. Fiddler HTTP Debugger - Fiddler
    https://www.fiddlertool.com/fiddler/
    ⇒IEのプラグインとして登録される。
    ⇒[ツール]>[Fiddler] から起動。
    ⇒キャプチャ内容は、別ウィンドウで表示。
    ⇒表示方法、表示内容が細かくカスタマイズできる。

とりあえず2つ。
他にもあると思いますが、

  • お手軽に少し確認するだけなら「ieHTTPHeaders」
  • 詳しく確認するときは「Fiddler HTTP Debugger 」

と使い分ければ十分かなと思います。

 

【関連記事】
雪と猫とコンピュータ: [Firefox] Firefoxで「正規のWindows確認」をする方法
雪と猫とコンピュータ: [Firefox] Firefoxに記憶したIDとパスワードを確認する方法
雪と猫とコンピュータ: [Firefox] Googleツールバーが動かない?!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

[Windows][Tips] コマンドプロンプトの表示をカスタマイズする

UNIX系のOSだと、ターミナルのプロンプトはかなり自由に変更できます。
$のみ、#のみでも良し、[username@hostname dir/dir]$ みたいでも良し。
自分の使いやすいように変更可能です。

Windowsのコマンドプロンプトの場合、デフォルトだと「C:\>」のように表示されます。
ただ、現在のディレクトリ位置が表示されると、長い日本語フォルダ名で階層を下がったときにとても見づらいです。
これを避けるために、現在位置をカットする方法、他の情報を表示させる方法を紹介します。

■プロンプトを「> 」のみ(「大なり」と「空白」のみ)にする。

  • prompt G$S

■プロンプトを「(現在時刻)> 」にする。

  • prompt $C$D$S$T$F$G$S

■プロンプトを「(現在時刻)(現在位置)」改行「> 」にする。

  • prompt $C$D$S$T$F$C$P$F$_$G$S

この記事にもっと詳しいオプションが説明されています。

【関連記事】
雪と猫とコンピュータ: [Windows] デスクトップクリーンアップウィザードを停止する方法
雪と猫とコンピュータ: [Windows] 「デスクトップの表示」ショートカットの作り方
雪と猫とコンピュータ: [Windows] 便利なWindowsショートカットキーのまとめ
雪と猫とコンピュータ: [Windows] リモートデスクトップの使い方
雪と猫とコンピュータ: [Windows] イベントログをコマンドラインで確認する方法
雪と猫とコンピュータ: [Windows2000] DOSプロンプトでTab補完を有効にする方法
【特集】コマンドで操るWindows XP - CUIのアドバンテージを堪能しよう (6) コマンドラインツールでWindows XPをメンテナンス(1) プロンプトを設定(MYCOM PC WEB)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[セキュリティ] 「山田オルタナティブ」 出会いと別れ

前の記事で「山田オルタナティブ」の概要と対策について触れました。
 ⇒[news] 「山田オルタナティブ」ウィルスに感染しないために
 ⇒山田オルタナティブ/キーマンズネット の解説

このウィルスに感染してしまうと、デスクトップのスクリーンショットが定期的に撮影されてしまうわけで、しかもWebサーバ機能で公開されてしまうと、そのURLを知った人はほぼリアルタイムでその人のデスクトップを眺められてしまうわけで。

以前、「Antinny」が出た頃にもそれで話題になったことがありましたが、今回も同じような話があったようですね。

 

続きを読む "[セキュリティ] 「山田オルタナティブ」 出会いと別れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

[セキュリティ] 「山田オルタナティブ」ウィルスに感染しないために

■HDDの全内容を公開する「山田オルタナティブ」、Winny利用者以外も注意
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/03/11106.html

2ちゃんねるなどでウイルス「山田オルタナティブ」が話題になっている。いわゆる“暴露ウイルス”の新種で、感染するとPCのHDDに保存されたすべてのデータがインターネット上に流出する恐れがあるという。

こんなウィルスが話題になっています。
山田オルタナティブ/キーマンズネット

他の方のブログを読んでいて内容が気になったので、少し調べてみました。
 ⇒■新型ウイルス「山田オルタナティブ」の脅威|男40代サラリーマン日記
それでわかったこと、気になったこと、そしてそもそも感染しないためにはどうすればいいかについて考えた結果をまとめてみます。

 

続きを読む "[セキュリティ] 「山田オルタナティブ」ウィルスに感染しないために"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Security] Winny開発者は有罪?無罪?(5)

■本誌記事に見る“Winny流出”
http://internet.watch.impress.co.jp/static/index/2006/03/10/

インプレスのINTERNET Watchでこんな記事がアップされていました。
過去記事の中で、Winnyネットワークへの情報流出に関連するもののまとめ。
あと、情報流出の原因になるウィルスの説明記事もピックアップされてます。

こうやって見ると、官公庁の情報流出が圧倒的に多いですね。
「情報」というものの価値が理解できないんでしょうか。
いや、正確には「理解できない人の割合が多い」んでしょうね。残念なことですが。

で、本題。

■“ぬるぽウイルス”は新たな手法を用いた画期的なウイルス
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/special/2004/08/19/4290.html

この記事でウィルスの仕組みが解説されています。
俗称「ぬるぽウィルス」の解説ですが、感染するときの仕組みは「Antinny」も一緒ですね。

またこれらのウィルスに限らず、ウィルスが感染するときは何らかの方法でプログラムを実行しなければなりません。
Winny経由うんぬんに関係なく、ウィルスに感染した人は、そういう怪しいプログラムを実行しています。

このことをふまえてウィルスに感染しないための原則。

  1. 信頼できないサイトからダウンロードしたファイルは絶対に実行しない。
     ⇒簡単に言えば、信頼できるサイト=メジャーな法人サイト。
      知らない会社、団体、個人のサイトは信用しない。
     ⇒注意する拡張子は、[.exe][.pif][.scr][.xls][.doc][.zip] など。
      わかりやすくいえば、「クリックでアプリケーションが起動するもの全て」です。
  2. アンチウィルスソフトをインストールし、自動Update機能をONにしておく。
     ⇒間違えてウィルスを実行してしまったときのための防御策。
  3. ダウンロードという意識のないメールの添付ファイルにも十分に注意する。
    知らない人から届いたメールの添付ファイルを実行するのは問題外!!
     ⇒知人から届いたメールでも、実行ファイルには注意が必要。
      送信元アドレスを偽装するウィルスはたくさんあります。

この3つを常に守っていれば、まずウィルスに感染することはないでしょう。
その上でさらに、

  • WindowsUpdateは自動更新の設定にしておく。
     ⇒Windowsのセキュリティホールはウィルスに狙われやすいです。
      WindowsUpdateで公開された内容はウィルスの危険があると考えておくべきですね。
  • FireWallツールもインストールし、必要最低限のポート以外は通信不可にする。
     ⇒フリーソフトなら動作が軽くて柔軟な設定が可能です。
     ⇒わかりやすいのが良ければ、WindowsXP以降に付いているFW機能。
     ⇒かつ、重要なのは、何でもかんでも[OK][はい]しないようにすること。
      基本的に「許可しますか?」には[いいえ]とするのがウィルス対策になります。

ということをできれば確実です。

インターネットを使う限り、ウィルスファイルに接してしまう可能性は十分にあります。
そう認識・覚悟した上で、上記のような対策をいつも意識すること。
いつも意識することで、無意識のうちに危ないこと避けられるようになること。
危なそうなことは直感で気づけるようになること。
そういう意識がウィルス対策に重要なことではないでしょうか。

こういうことを十分に意識できていれば、Winnyを試しに使ってみたりしてもウィルスに感染することなんてないし、そもそも業務データのあるPCでWinnyを実行、なんてことをするはずがないんですよね。

PCやネットはとても便利なツールです。
でも、くれぐれもツールに振り回されず、スキを見せず、ツールの特性を理解してうまく使いこなしていきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月11日 (土)

[Security] Winny開発者は有罪?無罪?(4)

■Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 私物パソコン使用禁止…各省庁、情報流出対策急ぐ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060311-00000201-yom-pol
 ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を介した情報流出が相次いでいる事態に対し、外務、総務両省などが職員による私物パソコンの業務使用を原則禁止する措置を打ち出すなど、政府は再発防止策の強化を急いでいる。
(読売新聞) - 3月11日3時12分更新

状況を改善しようとしているのはいいことだけども、何だかなぁと思っちゃいますね。

普通の企業なら、遅くとも去年の前半には対策済みの話。
個人情報保護法以降に情報流出しちゃうと、えらいことになりますからね。
こういうニュースがあると、やっぱ官庁は鈍感すぎるし、腰が重すぎるんじゃないかな、と思ってしまいます。

また一般企業と圧倒的に違うのは、事件が起こったときの影響。

企業が同じような失敗をすれば、株価や業績に影響するでしょう。
従業員の給料が下がることで、失敗の張本人以外でも注意を促されます。
張本人や関係者には、社内で何らかの処分があるでしょう。

官庁など、公務員の働く組織には、外部からの評価を受ける機会があるでしょうか。
しいて言えば、マスコミの報道や世論くらい。
もしくは一部の監査委員会のようなものでしょうか。
少なくとも、一般人に見える仕事の成果が給料に直接反映されることはなさそうです。

それでも必要十分な仕事をこなしてくれるならいいんですけどね。
今回のようなニュースを見ていると、「不十分でしょ?きっと」という気持ちにさせられてしまいます。
悲しいことですね。

(2003/03/12 追記)
■ITmedia News:「PSE法、対策至急考える」と経産事務次官
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/10/news040.html
 経産省の周知不足から中古品販売業者の対策が遅れており、猶予期間を延長するよう求める声も上がっているが、杉山事務次官は「5年の猶予を認識した上で対応した方々も多い中、今ルールを変えることは適切ではない。正直者がばかを見ないということも大事」とし、周知不足は認めながらも、延長は行わない姿勢を示した。

PSE法の存在を知らなかった人≒中小企業、個人レベルの販売店。
 ⇒PSE法によって被害を受ける人々。

5年の猶予を認識した上で対応した方々≒大企業。
 ⇒PSE法で自社製品が守られる人々。

認識していた人、知らなかった人の内訳はおそらくこんな感じでしょう。
本当に周知が必要な人たちには周知されていなかった。
怠慢もはなはだしいですね。

さらに「対応した方々も多い」とはどの程度なんでしょう。
(PSE法を認識していた人 / PSE法によって影響を受ける人) の割合は何%なんでしょうね。
「多い」といえるくらいの割合だと思いたいところです。
が、「不十分でしょ?きっと」という気持ちにさせられてしまいますねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Security] Winny開発者は有罪?無罪?(3)

前の記事で、こんなことを書きました。

■猫と雪とコンピュータ: [news] Winny開発者は有罪?無罪?(2)
http://relaxed.way-nifty.com/blog/2006/03/news_winny_a4ff.html

■よろずもめごと論: ウィニーの活用法
http://highjump.cocolog-nifty.com/highjump/2006/03/post_80f9.html
⇒「公務員の作成書類は原則、国民の共有情報。WinnyのUpフォルダに保存せよ」という話。
 面白いアイデアですね。賛成に一票。(笑)
 
 このアイデア、会社の資料にも使えるような気がしました。
 ファイルサーバ不要で、もっと便利になりそう。Googleデスクトップでも良さそうですけど。

実際に会社での書類共有にWinnyを使うとどうなるでしょうか。
っても、この場合、社外から自由に参照できてしまうと問題なので、WinnyのポートをFWでブロックしないといけませんね。
SocksサーバとかSoftEtherですり抜けようとするのも禁止。
閉じたネットワーク内で実行する前提で、メリット・デメリットを考えてみます。

まずメリット。

  • ファイルサーバだと、適切なフォルダ分けをして資料を分類しなければいけないが、WinnyだとUpフォルダに入れるだけで良い。
  • ファイルサーバの残り容量を気にする必要がない。
    (保存場所は各クライアントの空き領域なので)
  • 資料のバージョン管理も自動的にできる、かもしれない。
    (ファイル内容が変われば、ハッシュキーも変わるので)
  • キャッシュがバックアップのかわりになる。
  • 資料のアクセスランキングがわかる。

続いてデメリット。

  • 検索は、ファイル名検索のみ。
  • 一度の検索で全ファイルをチェックできるとは限らない。
  • 同じファイル名で複数ファイルがキャッシュされてしまうと、見分けがつかなくなる。
  • なかったことにしたいファイルを消去できない。
    (消すには全クライアントの全キャッシュを消す必要がある?)
  • クライアント数が少ないと、キャッシュ分散によるバックアップ効果は見込めない。

こう考えると、重要な書類に使うのはイマイチですね。
でも、さほど重要じゃない書類、参考資料のたぐいには良いかもしれません。

あと、どうしても検索は不便ですね。
確実に内容のわかるファイル名を毎回考えるのは無理があるので、検索キーワードを付加できるとかの補助機能が欲しいところです。
Frickr」とか「はてな」の「はてなフォトライフ」「はてなブックマーク」のような形でしょうか。

まぁタグ方式にしても、自由にタグをつけると思ったように検索できないかもしれず、かといってタグの付与規約を作ろうとすると手間も時間もかかってしまう。
「Upフォルダに入れるだけのお手軽さ」を生かすには、自由なタグ付けを認める+後からみんなでタグ追加・修正できるようになると良さそうですね。

そのあたりをふまえて、効果的に使うには次のような感じが良いでしょうか。

  • かなり大きな組織(数千人規模?)で使う。
  • 完成した書類はUpフォルダに入れるよう義務付ける。
     ⇒Upフォルダ用のファイルサーバはあったほうが良いかも。
  • 書類のタグは自由。後からみんなでタグ追加・修正できるようにする。
     ⇒Winnyのようにファイル名のみなら、タグに頼るのはナシ。 必要最低限のタグで。
  • 確実に使いたい書類はハッシュキーでアクセスする。
     ⇒原版が必要だったり、複数書類が必要なら、ハッシュキーのリストを作る。
  • 基本的には「いい書類が見つかればラッキー」のスタンスで使う。

書類の公開に手間がかからない方法を作れれば、Winny式のファイル共有はなかなか良さそうな気がします。
単にファイルサーバに置いてWebDavで公開するだけでもしないよりはいいんですが、同じくらいの手間でさらに便利になるのであれば良いですね。

いや、もちろん、会社でWinnyを導入するのはありえないですけどね。(笑)
同じくらいにお手軽で、さらに良い機能を持った別のツールがそのうち出てくるでしょう。
そんなツールを楽しみに待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[Security] Winny開発者は有罪?無罪?(2)

■猫と雪とコンピュータ: [news] Winny開発者は有罪?無罪?(1)
http://relaxed.way-nifty.com/blog/2006/03/news_winny_a15a.html#more

の記事について、関連ページのリンクと一言コメントです。

■本誌記事にみる「Winny」開発者逮捕へ至る経緯
http://internet.watch.impress.co.jp/static/index/2004/05/18/winny.htm
⇒開発者逮捕までの記事のリンク集。

■壇弁護士の事務室: winny
http://danblog.cocolog-nifty.com/index/winny/index.html
⇒Winny開発者の担当弁護士をされている方のブログ。
 裁判の各公判について触れられています。

■雪女cafe*:イマサラです。
http://blog.goo.ne.jp/ma_me70/e/159ba16ae06f583fb8c17ed2af342424
⇒「情報を漏洩させちゃった人、何やってんの?」って話。ごもっともですね。(笑)
 少なくとも、そんなモラルの低い公務員に税金を払いたくはないな。

■情報漏洩との戦い きょうのいちにち あすへのいちにち/ウェブリブログ
http://massy-n.at.webry.info/200603/article_3.html
⇒これを読んで気づいたのが解説本の話。そういえば本屋で色々売られてましたね。
 Winnyが問題なら解説本も問題・・・なのかなぁ。

(2003.03.11 追記)
どれくらいあるものかと、試しにAmazonを検索してみました。
かなりたくさん引っかかりますねぇ。
[Amazon]を「Winny」で検索

■自堕落な日記: ツッコミどころは多々あれど
http://sirius-a.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_5aa5.html
「全国の警察官の約4割が私物のパソコンを業務で使用」 というニュースについて。
 今どき私物PCどころか、記憶媒体の持ち込みを禁止している会社もあるのに。

■TAKO助のTV探訪 その他 官公庁の情報流出について
http://kougayunyun.blog53.fc2.com/blog-entry-134.html
⇒公務員の不甲斐なさに一言。私も全く同感ですね。全く情けない・・・。

■Digital One Contents: 国産P2Pソフト「Winny」による情報流出が止まらない
http://digione.seesaa.net/article/14593427.html
⇒ウィルスに感染しないための方法がわかりやすくまとまってます。
 「Winnyを試してAntinyに引っかからないように」というのに限らず、一般的なウィルス対策ですね。
 あと、WindowsUpdateを欠かさずにやったほうがいいですね。
 昔みたく、危ないからパッチは当てられない、ってほどではなくなってきてますし。

■よろずもめごと論: ウィニーの活用法
http://highjump.cocolog-nifty.com/highjump/2006/03/post_80f9.html
⇒「公務員の作成書類は原則、国民の共有情報。WinnyのUpフォルダに保存せよ」という話。
 面白いアイデアですね。賛成に一票。(笑)
 
 このアイデア、会社の資料にも使えるような気がしました。
 ファイルサーバ不要で、もっと便利になりそう。Googleデスクトップでも良さそうですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

[Security] Winny開発者は有罪?無罪?(1)

■Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <捜査情報流出>愛媛県警でも 未解決殺人や性的犯罪など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060307-00000059-mai-soci
 愛媛県警で捜査資料流出の可能性が指摘されていた問題で、02年に同県宇和島市であった未解決の殺人事件や性的犯罪の捜査資料などの情報が実際にインターネット上に流れていたことが分かった。

このところ連日、「Winnyによる情報流出」というニュースが流れています。
(まぁ実際にはAntinyってウィルスに感染してるだけなんで、「Winnyによる」というのは間違いなんだけど)

そんな中、Winny開発者の裁判が行われたようです。

■Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 情報流出「Winnyは関係ない」開発者が裁判で主張
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060309-00000312-yom-soci
 この日は、弁護側の質問で、捜査資料などがウィニーを通じてネットに相次いで流出していることに触れた。「『あなたが責任を取れ』という声がある」との質問に対し、金子被告は「困ります。基本的にはユーザーの責任だ」と述べた。

開発者の言葉はごもっとも。
この質問者に限らず、マスコミの報道では「Winnyを使っていたから被害を受けた」という取り上げ方が多く感じます。
何というか、短絡的で浅はかな切り口ですね。

「Winnyを使っていたから被害を受けた」というのなら、「PCを使っていたから」「ネットワークに繋がっていたから」とも言えますね。
すると、Microsoftや各PCメーカー、回線事業者にも責任があるということでしょうか。
また、情報流出PCを使っていた人は、Winnyを使わなければならない理由があったんでしょうか。

上記の裁判での馬鹿げた質問といい、マスコミの短絡的な報道といい、この件に関してはどうにも違和感がぬぐえません。

さて、この問題について、ネットでよく見かける意見は次のようなものです。

「刃物を使えば人を殺めることもできる。犯罪に使われることもある。
 刃物を使った犯罪が起こっても、罰せられるのは事件を起こした本人。
 刃物を作った職人を罰することなんてあるだろうか?」

刃物じゃなくてもいいでしょうね。
ダイナマイトしかり、麻薬しかり。
って、麻薬は一般人が作るのは犯罪ですね。
爆薬もそうかな。

なんてことを考えていて、ふと思いました。
これらの使い方によって危険なものは、作ること使うことの基準が法で定められています。
誰でも作れるわけじゃないし、好きなように使えるわけじゃない。
でも、使い方を間違えなければ、とても役に立つ道具。

Winnyにも、また同様のツールにも、同じことが言えるのではないでしょうか。
本当に罰せられるべきなのは、間違えた使い方をした人たち。
開発者を罰するのは少し見当外れに感じます。

さらに最近は、デスクトップ検索ツールがメジャーになりつつあります。
GoogleデスクトップやMSNサーチ。
特にGoogleデスクトップはVer3になり、他のPCに保存されたファイルを検索できる機能が追加されました。
ファイル情報はサーバ管理のようなので、WinnyよりNapstarの方が近いでしょうか。
これらのデスクトップ検索ツールは、切り口が少し違うだけで、目指すところは同じ。
「世界中のPCに保管されているファイルを検索し、目的のファイルを取り出せること」でしょう。

PCの情報記憶能力+ネットワークの情報伝達能力。
これを生かして人間の知識やノウハウを効果的に共有する。
それらの情報を組み合わせることでさらに知識や技術を発展させる。

こんなことが実現すればいいな、ということを考える人は結構いると思います。

Winnyの開発者もこういう気持ちでWinnyを作り始めていたとしたら?
「開発したこと」が違法と判断されるのはおかしいでしょう。
しいて言えば、「利用者のコミュニティが法に触れる方向へ進んでいるのを認識しながら、対策を打たなかったこと」でしょうか?
(正確には、注意は促していたけど黙認状態だったこと、が問題になるんでしょうか)
開発したツールが違法利用されていた場合、開発者は、利用者やコミュニティに対して注意を促す義務があるんでしょうか?
そのあたりが法律で明文化されているんでしょうか?

そういう曖昧さが、違和感の根本的な原因なのかな、と。
そんなふうに思ったわけです。
そして被害を受けたのが官庁や役所、警察などだったため、いわば逆ギレ気味に吊るし上げようとしている。
マスコミはそんなお上の機嫌を損なわないように報道する。
そう見えてしまう構図にも違和感を感じてしまいます。

さて、判決はどうなるんでしょうか。
アメリカでのNapstar、Grokster、StreamCastなどは、個人ではなく企業であり、ツール単体というよりサービスに対しての違法判決。
個人がツールを公開したことを違法とする判例は今のところ世界でも出ていないでしょう。
でも法を司る側としては、行き過ぎたツールを公開すること自体を違法としたいでしょう。
とすれば、どういう理由で違法となるのか。
内容によっては、自作ツールの公開方法を見直さなければいけない開発者の方もいるはず。
とても気になるところですね。

続きを読む "[Security] Winny開発者は有罪?無罪?(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

[cocolog] 3/9~10 ココログ障害

■ココログ、会員向けサービスでログインなどができない障害が発生
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/10/11194.html
 @niftyを運営するニフティは、ブログサービス「ココログ」で障害が発生していることを発表した。会員向けの「ベーシック」「プラス」「プロ」で、管理画面にログインできない、ブログにコメントやトラックバックができないといった事象が起きているという。
(2006/03/10 15:55 Impress INTERNET Watch)

確かに昨日の夜はココログが使えなくなっていましたね。
ブログの閲覧はできるものの、記事の投稿や管理画面のログインができなくなっていました。

私が見たとき(3/9 21:00~23:00頃)にはココログトップページに「メンテナンス延長のお知らせ(3/9 ~21:00)」としか書いていなかったんですが、いつの間にやらこんな(↓)ページが公開されていたんですね。

■20060310障害情報報告ブログ
http://cocolog2006.typepad.jp/

今、確認したところ、ココログトップページにこのブログのことや
今日になってトップページのアナウンスが「メンテナンス延長」ではなく「ココログ障害」と変わり、この報告ブログのリンクも張られていました。

でもねぇ。
そういうアナウンスは障害が起こったらすぐに表示して欲しいな。
メンテナンスの後に繋がらなくなったら障害だってことはわかるけど、誠意が感じられない。
管理画面のログインに失敗して「混み合っているので時間をおいて再度」って、それ違うでしょ。

このブログはココログ・ベーシックなんでまだマシだけど、有料版も障害だったってんだから問題外。
有料サービス使っている人は、何のために料金を払っているのか馬鹿馬鹿しく感じたことでしょう。

障害を起こさないようにするのはもちろんですが、障害が起こったときにはユーザが状況を把握できるよう、【即座に】対応して欲しいものです。

あと、3月予定となっている機能追加。
このときはキッチリやって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Game] 起業道

PSPで気になるゲームが発売されました。
タイトルは「起業道」
ストーリーはこんな感じです。

主人公はごく普通のサラリーマン。
仕事もプライベートもそれなりには充実しているものの、「このままサラリーマンで一生を終わっていいのか」とも考えている。
そんなとき、後輩が青年実業家として羽振りの良い生活をしていることを知った。
「彼ができるなら自分も」と独立・起業を決意する。
初めは小さなショップからのスタートだが、いずれは業界ナンバー1を目指す。

このショップ経営を体験しながら、出てきた用語、ビジネス知識やノウハウについて学ぶことができるゲームのようです。
(この部分については公式ページ上で実際に操作できるようになっています)

最近は、こういう経営についての勉強や、株式投資についての勉強を小・中学校で教えるところもあるようですね。
数学や社会を単に詰め込むだけの勉強よりも、こういう実践的な内容もまじえて教えてもらえると、けっこう楽しいかもしれません。

で、このゲームで気になったのが、発売元のメーカー。
文房具メーカーの「コクヨ」です。意外ですね。
このゲームはシリーズ第一弾とのことなので、今後も同じ路線で開発を続けていくんでしょうか。
どんなものが出てくるのか、気になるところです。

■ビズ体験シリーズ 起業道
http://www.kokuyo.co.jp/rdi/biz-taiken/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Tools] 便利なAmazonアソシエイト広告ツール(2)

[Tools] 便利なAmazonアソシエイト広告ツール

Amazon Search 導入支援ツール :: Drk7jp

  • JavaScript リンクを貼り付けるだけ。
  • ページ内容と関連する Amazon 内の商品を表示できる。

こちらで紹介したツールのテストです。

■AmazonSearchのテスト。書籍でlite表示するとこんなふうになるらしい。

■AmazonSearchのテスト2。heavy表示はこんな感じ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

[Tools] 便利なAmazonアソシエイト広告ツール

Amazonの広告を設置するのに便利なツールを見つけたのでメモ。


amazlet.com

  • 上記のようにリンク作成すると、ページ内の商品全てにアソシエイトIDがつく。
  • 通常、個別商品リンク以外は紹介料が少なくなるが、ここを使うと全て5%になる。

amazletツール

  • Amazon個別商品リンクを簡単に作成できる。


Amazon Search β3 公開 :: Drk7jp 

  • JavaScript リンクを貼り付けるだけ。
  • ページ内容と関連する Amazon 内の商品を表示できる。


ブログ・アフィリエイト支援ツールを無料配布 :: Drk7jp

  • Perlスクリプトをサーバに設置。
  • ページに生成した JavaScript タグを挿入。
  • 広告の内容はサーバに設置した管理ページで変更可能。

Amazon広告スクリプト:lilbox

  • PHPスクリプトをサーバに設置。
  • 表示スタイルは14種類、色は自由。
  • 1つ設置するだけで、ページごとに表示スタイル・商品設定を変更可能。
  • 商品価格の表示が可能。
  • データを設置サーバに保存するため、動作が軽快。
  • GoogleAdsenseの代替広告として使用可能。


あまなつ amazonツール&ショップ---Amanatu.com

  • 生成したHTMLタグをページに挿入し広告表示。
  • 使える広告は以下のようなものがある。

  • Amazon検索
     =シンプルに探せるAmazon商品検索
  • AmanatuAdsense
     =Amazon商品でGoogleAdSenseの代替広告
  • AmanatuAdassist
     =レイアウトしたAmazon商品リンク作成
  • AdPop
     =ページの片隅に貼り付く小さなAmazon商品
  • Rpop
     =最近見られたAmazon商品をページの片隅に
  • Selectあまなつ
     =複数の公式個別リンクをコンパクトに簡単作成
  • Adparts New
     =Amazon商品を部分的な表示でアピール
  • Adhover New
     =テキストリンク上にマウスでAmazon画像

(2006/03/11 追記)
AmazonFlash アフィリエイト(アソシエイト)支援ツール

  • Flashを使ってAmazonの個別商品を見栄えよく紹介できるツール。
  • タイトル・紹介文が長い場合、ポインタを合わせるとスクロールする。


Amagle: AltADs

  • Amazonの売れ筋ランキングを紹介できるツール。
  • Flash版とHTML版を選べる。Flash版はカッコイイ。
  • GoogleAdsense代替広告としても使用できる。
  • 表示フォーマットやサイズはGoogleAdsense互換。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

[Tips] Google検索のテクニック

検索エンジンといえばGoogle。
(もうひとつ、有力なサイトが最近できたんですが、それは後述)
単にキーワードを並べるだけでも探していた情報はたいてい見つかります。

ただ、探す内容によっては欲しいサイトがうまく引っかからないこともあります。
そんなときに便利なテクニック。
詳しくはGoogleのヘルプに解説がありますが、中でも便利そうなものをピックアップしてみます。

  1. マイナス検索
    指定したキーワードだけでは余計なサイトが引っかかってしまうとき、不要なキーワードがはっきりしているなら、この方法で除外することができます。

    除外したいキーワードに'-'をつける
    [windows telnet -"クライアント"]
    ⇒[windows]+[telnet]で検索。[クライアント]を含むページは除く。

  2. フレーズ検索
    キーワードが熟語など分割できる内容の場合、Googleは自動的に複数の単語として順序を気にせずに検索してしまうことがあります。
    また、英文フレーズのようにスペースを含んでいると、別々のキーワードとして認識されてしまいます。
    このように、長めのキーワードをそのまま検索して欲しいときに以下の方法を使うとうまくいきます。

    分割したくないキーワードを'"'で囲む
    ["telnetクライアント"]
    ⇒[telnetクライアント]というフレーズを含むページを検索。
     [telnet]と[クライアント]が離れて書かれているページは該当しない。

  3. 特定ドメイン・サイト検索
    特定のサイトを指定して検索、ということも可能です。
    ちなみにこの方法で自分のサイトを検索すると、自サイトがGoogleにどれくらいキャッシュされているかがわかったりします。

    範囲指定したいドメイン、サイトを'site:<DomainName>'と指定する。
    ["telnetクライアント" site:www.microsoft.com]
    ⇒[www.microsoft.com]のサイト内で、[telnetクライアント]を含むページを検索する。

  4. カタカナ表記ゆれの補正機能などを停止
    Googleは表記ゆれや同義語などを認識して、自動的に検索してくれます。
    これが困る場合は、以下の方法で必要なキーワードを特定できます。

    使いたいキーワードに'+'をつける
    [+"ダイアモンド"] 
    ⇒"ダイヤモンド" は除外される

その他にも、以下のヘルプページに色々な方法が載っています。

Google の詳しい検索方法

あと、初めに書いた有力な検索エンジン。
Googleの検索結果で物足りないとき、こちらでも検索してみると、また違ったサイトが見つかったりします。

Clusty the Clustering Engine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

[news] みずほ銀行のおサイフケータイ対応

■Yahoo!ニュース - 読売新聞 - NTTドコモとみずほ銀提携、おサイフケータイ拡大へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060304-00000504-yom-bus_all

2005年の末に三井住友銀行が同様のサービスを始めてますね。
三井住友カードiD

最初ニュースを見たときは、Edyのオートチャージ機能があるんじゃないかと期待しました。
内容を調べてみるとそうではなく、Edyとは別サービスの単なる劣化版のようでガッカリしたものです。
(一応フォローしておくと、今はまだ加盟店が少ないだけで、増えれば便利になるかもしれません)

みずほのサービスも同じなんでしょうね。
変わるのは「三井住友銀行+三井住友VISAカード」が「みずほ銀行+UCカード」になるだけ。
電子マネーなんて加盟店が増えないと意味ないのに、新規参入する事業者がそれぞれ別々にサービスを始めてどうするんだか。

ユーザは、電子マネー=EdyとSuicaでおなかいっぱいです。
てか、この2つでさえ、早く相互利用できるようにして欲しい・・・。

■FeliCa(非接触型ICチップの規格)についての簡単なまとめ
http://hp.vector.co.jp/authors/VA006094/iccard/felica/

■FeliCa Networks(公式ページ)
http://www.felicanetworks.co.jp/index02.html

| | コメント (0) | トラックバック (5)

[Tools] Blog編集・投稿ツール BlogWrite

ブログを編集するとき、ココログ標準の管理画面からだと書きにくいことがあります。
ちょっとした文章を書くだけなら、余分な機能がなくて使いやすいんですけどね。

そういうとき、Blog投稿クライアントを使うと便利そうなんですが、なかなか良いものが見つかりません。
今のところ、便利なツールとしてはubicastBloggerをいうのを使っています。
これを使えば、記事を投稿するのに毎回ココログにログインして管理ページを開く手間が省けるので、ちょっとした記事を書くには重宝しています。
でも残念ながら少しバグがあるようで、ココログから取得した内容が生のXMLで表示され、そのまま投稿するとXMLの内容がブログに表示されてしまう、ということがときどき発生しています。

そこで別のツールが見つかったので、ちょっと試してみましょう。

BlogWrite - Atom API, XML-RPC に対応した Blog(ブログ)投稿クライアント
  ⇒機能説明
  ⇒対応ブログ一覧

有料版と無料版がありますが、無料版の制限は以下の通り。
ubicastBloggerの無料版と似た感じのようです。

□非営利で個人利用のみ
   個人による、私的利用かつ非営利目的(*1)で運営し、
   且つ企業・法人・団体・機関等に属さないブログでのみ
   利用出来ます。
    (*1)個人で行なうアフィリエイトは営利とは見なしません。
□広告が入ります。
   文末に、一行の広告が入ります。
   一例:「このエントリーはBlogWriteで投稿されました。」
□機能制限があります。
   WYSIWYGのデザインモード編集のみで、HTML編集がありません。
   管理出来るアカウントは一つだけです。
   雛型を利用できません。

とりあえず本日は投稿のみ。
さてうまく行くかな?


(2006/03/05 追記)
投稿できてますね。操作も簡単でした。
ただ1つだけ。引用機能を使ったのですが、プレビューだと引用した無料版制限の部分がきれいに装飾されていたのが、投稿してみるとなくなっていました。
CSSの設定が、ツールとブログで違うってことでしょうか。
このあたり、HTML編集もできればいいんですが、これは有料版の機能ですね。残念。

ということで、追記・更新機能のテスト。

(2006/03/06 追記)
AmazoTabプラグインというのが便利そう。
アソシエイトIDを埋め込んだAmazonリンクを簡単に作成できるツールです。

HepCat Dev and Test: BlogWrite2.2.2公開とアフィリエイト用AmazoTabプラグイン

ついでに、その元になったというWebサイト上のツールも。

amazletツール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

[グッズ] コーティング剤「ブリス」を使ってみた(2)

以前、便利なコーディング剤の「ブリス」について記事(⇒こちら)を書きました。
塗ってから1週間たったんで、使用感のレポートを簡単に。

  1. 携帯に「ブリス」
    最初の2日ほどは脂もホコリも付きにくかったんだけど、
    時間が3,4日目あたりから指紋が目立つようになってきました。
    毎日触っていると、熱とか摩擦で取れてくるのかもしれません。
     
  2. テレビの画面に「ブリス」
    こちらは1週間たってもピカピカです♪
    塗ってなければ少しはホコリが付くんですけどね。
    触らなければいいってことでしょうか。
     
  3. ノートPCの液晶に「ブリス」
    こちらは毎日使っていて一番実感したんですが、本当にホコリが付きにくくなってます。
    多少は付くんですが、軽く拭くだけで取れるようになりました。
    これまでは、マメに拭いててもいつも汚れてるし、
    ホコリのわりに、軽く拭くだけじゃ取れにくかったんですよね。
    たぶん、デスクトップ用の液晶画面にも効果的だと思います。
     

あとは、スキーやスノーボードでの効果も検証予定。
この様子だと、効果ありそうな感じなんで楽しみですね。

【関連記事】
雪と猫とコンピュータ: [グッズ] コーティング剤「ブリス」を使ってみた(1)
雪と猫とコンピュータ: [グッズ] コーティング剤「ブリス」を使ってみた(2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Tools] 日本でのFireFox普及率

■スラッシュドット ジャパン | なぜFirefoxは日本では普及しないのか
http://slashdot.jp/askslashdot/article.pl?sid=06/03/02/1519244

日本での普及率は4%程度とのこと。
でも欧米では数十%レベルのシェアがあるんですね。

そちらのほうが意外な結果でした。
日本の普及率は特に違和感を感じないですねぇ。

でも、デフォルトのIEより機能的には上なんで、よくよく考えてみれば4%は少ないですね。
なぜ日本では広まらないのか、考えてみました。

  1. そもそも「ブラウザ」と言われて、何ことかわからない人が多い。
    ⇒この層がPC使用者の50%くらいいそう。
  2. ブラウザは知ってるけど、IE以外のものはよく知らない。
    ⇒こういう人が30%くらいでしょうか。
  3. 聞いたことはあるけど、IE(IEエンジンのタブブラウザ)で十分なので試していない。
    ⇒10%くらい? ライトに使う分にはSleipnirやLunascapeで十分ですし。
  4. 使ってみたが使いにくかった。
    ⇒5%くらいでしょうか。私はこのパターンです。
     Firefoxより、すでにあるタブブラウザのほうが使いやすいような気がします。
     慣れもあるでしょうが、完全に乗り換えるほどの利点はない気がします。

ではどうすればいいか、ってことで、上記ページにあったコメントから興味深いものを。

  • 新聞に一面広告
    ⇒実際に欧米ではこれをやって知名度が上がったっぽいようですね。
     確かに知ってもらえないことには使うわけがありません。
  • 日本語のサポートを充実させる
    ⇒これは必須ですね。 有力なプラグインは標準添付するか、
    日本語サイトから落とせるようにしないと、ライトユーザーがためらうでしょう。
  • あゆはFirefox
    ⇒旨い表現ですね。笑っちゃいました。(笑)
     有名人に使ってもらうというイメージ戦略ですが、
     ライトユーザーが好みそうな人で宣伝すれば、かなり効果が上がりそうですね。

さて、Firefoxはもっと普及するんでしょうか。
IEばかりって状況だと、Microsoftが手を抜きそうなんで、頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[news] 循環型エレベーター

よくよく考えてみると、私は毎日エレベーターに乗っています。

  1. 朝、マンションから降りるとき。
  2. 会社に着いて事務所に上がるとき。
  3. 食事に出るとき。
  4. 食事から戻ってくるとき。
  5. 会社から帰るとき。
  6. 家に帰ってきたとき。

で、最低でも1日6回。


しかも思い返してみれば、ほぼ毎回待たされてます。


1台しかないマンションのはともかく、
会社の方は4台あるのになぜ待たされるのか。
上のほうと下のほうに分散して待機するようになってないのか。
朝の出勤時なんて、デフォルトで1FかB1に戻せばいいじゃないか。
エレベーター管理者はTOWERやって勉強しやがれ、チクショゥ!

■The Tower SP
http://www.nintendo.co.jp/n08/btrj/


などと悪態でもつきたくなるくらいにエレベーターには待たされがちです。
でも、これが実現すればそんなことが少なくなるかもしれません。


■日立製作所:夢の循環型エレベーター、世界初の実験成功-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060303k0000m020062000c.html


ザッツ、ナイス アイディーア!!
こりゃぁすごいよ、マイク!!
これならいつでもカゴが分散配置されてて、待つ時間が短くなるね!!

そうだろう?ジョニー。
しかも!!
片側をガラス張りにすれば・・・?

ワーォ!!まるで観覧車みたいだ!!
これでみんなの仕事もはかどるに違いないね!!
最高だよ、マイク!!


なーんて夜中の通販みたいな会話を想像してみたり。


でもね。
これってエスカレーターの方が手っ取り早くないか?


なーんて無粋なツッコミはいけませんね。(笑)
たぶん導入費用も維持費用もエスカレーターよりは安くなるんでしょう。
(導入がすすんで1台あたりのコストが下がってからですけど)
むしろ設置スペースが小さくなるってのが利点かな。

何にせよ、エレベーター待ちが短くなるのは大歓迎。
頑張れ日立!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Game] ニンテンドーDS Lite、発売!

とうとう発売されましたね。
ふらりとAmazonを訪れてみたところ、ようやく商品ページが公開されてました。

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト

でも、3/1(木)夜の時点では中古(?)販売ばかりですね。
ページは公開されてるけど、商品名やASINコードで検索してもヒットしません。
やはり当分はどこでも品切れ状態でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

[Tools] FireFoxのプラグイン特集

窓の杜でFireFoxのプラグイン特集ってのをしてたんですね。
ということでリンク一覧。果てしなく自分用の記事です・・・。

■窓の杜 - 【特集】「Firefox」プラグイン特集 v1.5対応版 第1回
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/02/23/ffplugins15_1.html
■窓の杜 - 【特集】「Firefox」プラグイン特集 v1.5対応版 第2回
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/03/02/ffplugins15_2.html

■窓の杜 - 【特集】「Firefox」プラグイン特集 第1回
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/02/17/firefoxplugins.html
■窓の杜 - 【特集】「Firefox」プラグイン特集 第2回
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/02/24/firefoxplugins2.html
■窓の杜 - 【特集】「Firefox」プラグイン特集 第3回
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/03/03/firefoxplugins3.html

他に、HTTPヘッダを表示できるプラグインはこちらの記事で。

■[Tools] HTTPのリクエスト・レスポンス内容をキャプチャする
http://relaxed.way-nifty.com/blog/2006/02/tools_http_9198.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

[Tools] JMeterをセットアップする

■JMeter - Apache JMeter
http://jakarta.apache.org/jmeter/index.html

Webサイトの負荷テストを行うためのツールです。
基本的な使い方がわかってきたんで、何回かに分けて設定方法をまとめていく予定。
まずは、Windows版のインストールから起動まで。

 

■JMeterのダウンロード

  1. ■The Jakarta Site - JMeter Downloads
    http://jakarta.apache.org/site/downloads/downloads_jmeter.cgi

    このページの
     ⇒[Binary]⇒[2.1.1.zip]
    のリンクからダウンロードします。(2006/03/01 現在)

■JMeterの起動

  1. ダウンロードした[jakarta-jmeter-2.1.1.zip]ファイルを解凍します。
  2. [\jakarta-jmeter-2.1.1\bin\jmeter.bat]をダブルクリックで起動します。
  3. 【起動オプション】
    -H [proxy server hostname or ip address]
    (--proxyHostでもOK)

    -P [proxy server port]
    (--proxyPortでもOK)

    -u [username for proxy authentication - if required]
    (--usernameでもOK)

    -a [password for proxy authentication - if required]
    (--passwordでもOK)

    【例】
    jmeter.bat -H my.proxy.server -P 8000 -u username -a password

■JMeterの関連リンク

JMeter(高機能/フリーなテストツール)第1回:JMeterの基本

JMeter(高機能/フリーなテストツール)第2回:複雑なシナリオへの対応

JMeter(高機能/フリーなテストツール)第3回:JMeterを活用する
⇒とても詳しくJMeterについて解説しているサイト

JMeter -TECHSCORE-
⇒上記に比べて項目は少ないが、各手順をやや詳しく書いているサイト

JMeter - ユーザマニュアル(日本語訳)
⇒公式マニュアルの日本語訳。説明は詳しくないが、一通りの機能について説明がある。

JMeter - User's Manual(英語版)
⇒公式マニュアルの原文。

JMeter - User's Manual: My boss wants me to...
⇒マニュアルの1項目。負荷テストを行うときの簡単な流れの説明&他のツールを紹介

負荷テスト

負荷テストツール
⇒古いページのようですが、負荷テストのポイントがわかりやすくまとまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Tools] PDFリーダーを高速化する(Adobe Reader SpeedUp/Foxit Reader)

Acrobat Readerって起動が遅くて困ることありますよね。

特にAcrobat Reader 5⇒6になったときは酷かった。
Acrobat Reader 7.0が出て少しはマシになりましたが、やっぱり遅いです。

原因は色んな機能が増えて、起動時にプラグインをたくさん読み込むから。
じゃぁ使わないプラグインを読み込まないようにしてしまえ、というのがこのツールです。

■TNK-BootBlock.co.uk
http://www.tnk-bootblock.co.uk/
⇒[Software]⇒[Miscellaneous]

■Adobe Reader SpeedUp ダウンロードページ
http://www.tnk-bootblock.co.uk/prods/misc/index.php

このツールを設定すれば、Acrobat Readerの起動はかなり早くなります。
OFFにするプラグインのレベル設定もできるし、デフォルト設定に戻すこともできるんで安心。
Acrobat Reader本体に添付して欲しいくらいに便利なツールですね。

それでもまだ遅い!!という場合はこのツールを。

■Foxit PDF Reader
http://www.foxitsoftware.com/pdf/rd_intro.php

余分な機能がない分、動きがものすごく軽いです。
Acrobat Readerとは比べ物にならん。
といっても、普通の用途には必要十分な機能があるんで、PDFの関連付けを変えちゃっても困りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »