« [システム開発] サーバ搭載ストレージの最新トレンド(RAID6とSAS) | トップページ | [news] 民主党執行部が総退陣、永田議員も辞職願 »

2006年3月31日 (金)

[FF12] ガンビットで楽しむ

FF12の戦闘はアクティブバトル。
移動フィールドと戦闘モードの境がなくて、フィールドを歩く敵をいきなり攻撃することもできるし、油断していると突然、敵から攻撃されることもあります。
下手をすると休む暇がないし、味方のパーティ全員の戦闘コマンドをリアルタイムで手入力するのはとても大変です。

そこで導入されたのが「ガンビット」という、AI戦闘の内容を細かく指示できるシステム。
スクウェアエニックスはそれほど宣伝していないようですが、思うにFF12最大のウリと言っても良いほどの楽しいシステムです。
正直なところ、これがFF12で一番面白いところでしょう。

例えば、
 1.HP<50%の味方 ⇒ ケアル
 2.目の前の敵   ⇒ たたかう
とすれば、
敵が近くにいれば戦って、HPが減ったときにケアルをかけてくれる。

でも敵が多くて乱戦状態になると、ターゲットが散って効率が悪くなるから、
 1.HP<50%の味方 ⇒ ケアル
 2.HPが最も低い敵 ⇒ たたかう
 3.目の前の敵   ⇒ たたかう
ってすると、HPの低い敵から順に効率よく倒せる。

また、
 1.HP<50%の味方 ⇒ ケアル
 2.HPが最も低い敵 ⇒ たたかう
 3.目の前の敵   ⇒ たたかう
 4.味方一人    ⇒ リジェネ
 5.味方一人    ⇒ スリプガ
ってすれば、効率よく戦闘を終わらせた後でみんなにリジェネ(HP自動回復)をかけ、さらにみんな仲良くスリプガでお昼寝、なんてことも可能。


 1.味方一人    ⇒ たたかう

これで唐突にバトルロワイヤル開始してみたり。


効率を追求するも良し、自分なりのこだわりを詰め込むのも良し。
新しい魔法や技、ガンビットの命令が手に入れば組み合わせを再検討するのがまた楽しかったり。
アイデアしだいで面白い戦略が出てきそうなシステムですね。

 

|

« [システム開発] サーバ搭載ストレージの最新トレンド(RAID6とSAS) | トップページ | [news] 民主党執行部が総退陣、永田議員も辞職願 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157618/9366149

この記事へのトラックバック一覧です: [FF12] ガンビットで楽しむ:

« [システム開発] サーバ搭載ストレージの最新トレンド(RAID6とSAS) | トップページ | [news] 民主党執行部が総退陣、永田議員も辞職願 »